月9ドラマ『朝顔』 細部にまでこだわったセットを激写

月9ドラマ『朝顔』 細部にまでこだわったセットを激写

最終章に突入した月9『朝顔』主演の上野樹里

 上野樹里(33才)演じるヒロインは監察医だが、医療ドラマの要素だけではなく、家族ドラマもしっかり描かれているドラマ『監察医 朝顔』(毎週月曜21時〜、フジテレビ系)。今までの“月9”とは一味違う魅力を放つ作品の舞台裏に潜入してみると、セットの細部に至るまで物語を支えるこだわりが満載。チーフで演出の平野眞氏と美術デザインの宮川卓也氏が、その意図を明かしてくれた。

◆ヒロイン・万木朝顔が住む「万木家の台所」

 昭和レトロな雰囲気が漂う台所。懐かしいデザインのコンロや、やかん、鍋などが置かれているのが特徴的だ。「平(朝顔の父親、時任三郎)が子供の頃から住んでいる家という設定なので、昭和30年代建築のものなんです。やかんやトースターなど、小道具は“音が想像できるもの”を美術さんにお願いしました」(平野氏)

 父と娘がいっしょに台所に立つというきわめて日常的な場面でのやり取りが、物語に深みを出す。9話では「2人の頃は3日間、カレー食ってたな」「お父さん、いつも作りすぎなんだよ」と、平と朝顔が万木家の“定番メニュー”カレーを巡って会話するシーンが登場。

 さらに、同じく9話では朝顔の娘・つぐみが大人のカレーを食べて「ママのおなかの中で食べた」と言う場面が。万木家の象徴的なメニューとして登場する料理がカレーだった理由は何か?

「単純に平役の時任三郎さんが似合う料理は何かを考えて、カレーに決めました(笑い)」(平野氏)

 鳩サブレーの空き缶など、画面では見えないような場所にも小道具が置かれている。

「画面には映らないものだけど、俳優さんたちの目にとまれば…と思っています。細かいものが、お芝居をする時のヒントになることが多いんです」(平野氏)

◆万木家の居間

 居間で食事をするシーンも多く登場し、ホームドラマとしての魅力が詰まっている。家の柱には、子供の身長を記す傷がついているなど、昔ながらの家庭の風景が描かれている。

「オンエアにもありましたが、柱には中学生時代の平の背の傷もついています」(平野氏)

 棚の上には家族写真と花が飾られている。写真は朝顔が結婚してから、結婚式や子供との写真などが増えていった。

「花については、昔、平が里子と約束した『謝る時はお花の1つくらい(用意して)…』というのを、平がずっと守って飾っているんです」(平野氏)

 居間をはじめ、冷蔵庫や机の上などいたるところに、つぐみが描いた絵や工作が飾ってある。「実際に、つぐみ役の加藤柚凪ちゃんに描いてもらったものばかりなんです」(平野氏)

 朝顔が子供の頃、母の日にプレゼントしたカードが飾られている。「どんな時でも平と朝顔の中に里子がずっと存在してほしかったので作りました。画面では見えないけれど、こういう小道具も演技にかかわる重要なアイテムと考えてます」(平野氏)

「気づいているかたもいらっしゃると思いますが、家族の食事のシーンは平と朝顔の2人の時も、朝顔が結婚して桑原、つぐみが増えて4人になっても、いつも里子の席を空けています。ずっと存在していてほしいので…」(平野氏)

 劇中で東日本大震災を描いていることも話題に。「毎年3月11日になるとテレビで震災番組がたくさん放送されます。でも、その時だけって、どうなんだろう? って、ずっと思っていました。震災を後世に語りついでいくことが大切かな…と考えています」(平野氏)

◆解剖室

 朝顔は“解剖医”なので、解剖室のセットも普通の医療ドラマでは見られないものがいろいろある。

「美術さんにお願いしたのは免許があれば解剖できるセットでした」(平野氏)

「セットを作る前に、実際の解剖室を取材に行っています。再現はもちろん、あえて強調している部分もあります」(宮川氏)

「ドラマとはいえ、ご遺体を扱うのに嘘はつきたくなかったんです」(平野氏)。ボードには、解剖する遺体についての情報が書かれている。

「人体模型は医療機関などで使用されているもの。木槌やザルなどは解剖室ならではのもので、解剖台も本物です」(宮川氏)

 警察に向けた臓器撮影の参考図解も、実にリアル。「取材先に張ってあったものを参考に、再現しました。紙の配置などにも気を配っています」(宮川氏)

「血を入れたメスシリンダーを置くバットです。トレーなども、実際の大学解剖室を取材したものを参考に作りました」(宮川氏)

「メスなどは、全部本物。器具メーカーさんに美術協力としてお借りしているものがほとんどです」(宮川氏)

撮影/川野結李歌

※女性セブン2019年9月26日・10月3日号

関連記事(外部サイト)