俳優・横内正の述懐、年齢なりに挑戦の仕方がある

俳優・横内正の述懐、年齢なりに挑戦の仕方がある

70代でも旺盛に活動する横内正

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、俳優の横内正が、七十代なりに挑戦できるシェイクスピアへの取り組みについて、今も持つ絢爛豪華ではない新劇の不器用な作り方への愛おしさについて語った言葉についてお届けする。

 * * *
 横内正は二〇一六年から三年連続で三越劇場での『リア王』に主演、さらに今年は『マクベス』を演じ、七十代後半になる中でも旺盛な活動を続ける。

「限られた人生の中で、自分の好きな、やり残してきたものを少しでも埋めていきたいという想いがあり、もう一度シェイクスピアに取り組み始めました。

 あれもこれもやりたいのですが、僕の年齢で一番問題なくクリアできるのはリアしかないと思ったんです。それでライフワークにすることにしました。年齢とともに、また違ったリアがあっていいと思うんです。

 リアは本来、四十代、五十代、ぎりぎりで六十代までの、凄く闊達でパワフルな俳優がやる役どころです。それぐらい、凄いものを求められる。でもそればかりではないんじゃないかという想いが芽生えてきまして。僕の年齢なら年齢なりに対応できるものが絶対にあるはずだ、と。

『マクベス』は僕の年代でやるのは大変珍しいと思います。それでも、これもまた『僕がやっても成立するんだ』というものを今回は探し出しました。

 マクベスという人物は、決して三十代、四十代という壮年期に限定されてないんです。自分の老いというものに対する想いがセリフの中に込められている。そのセリフから推測しても、まだ十分に僕が演じる必然性があり、リアリティがあると僕なりに読み込みまして。そこを僕自身が演出する中で膨らませて表現してみました」

「やり残したこと」に挑戦して、新たな発見を得ていく──現在の横内の姿勢は、多くの読者にも勇気になるはずだ。

「俳優ってご都合主義なところがあるんですよ。たとえば女優さんは自分の実年齢をすっ飛ばしていつまでも若い役をやりたい願望があります。それは男優も実は同じで──別に若い役をやりたいというわけではないのですが、年だからといって諦めるのではなく、年なりの挑戦の仕方があるんじゃないかなという考え方でやっています。

 この歳になってもう一度やってみたいと思える新劇の魅力は、妥協がないということかな。商業演劇の場合、多忙な名前の知られた俳優を揃えて、短期間で仕上げないといけない。関係者の皆さんにそれぞれ都合があるから、それに合わせて適当に譲歩しながら、妥協しながら、すり合わせて作品をつくっていく。

 ところが新劇は、一つの問題提起があった場合はそこをクリアしないと次に進めません。そういう凄く不器用な作り方が新劇にはあるわけです。

 それと、光り輝くような、わっという豪華絢爛な舞台とはずいぶん世界が違いますね。もっと明るくした方が見えるんじゃないか。こんなに暗くちゃ表情も見えないんじゃないかという作り方もします。

 そうやって、多くの方にはなかなか受け入れてもらえないんじゃないかというような、地道な歩みの中で演劇と関わりをもつ人間たちって、愛おしいんです。僕も若い頃、劇団俳優座に十年間在籍しましたからね。その感覚を失わずに来られたことは自分で自分を褒めてあげたいとすら思います」

■撮影/黒石あみ

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『すべての道は役者に通ず』(小学館)が発売中。

※週刊ポスト2019年9月20・27日号

関連記事(外部サイト)