中川大志が「高畑勲展」を歩く 濃密な空間を堪能してほしい

中川大志が「高畑勲展」を歩く 濃密な空間を堪能してほしい

中川大志が高畑勲の世界に飛び込んだ

 東京国立近代美術館で開催中の「高畑勲展」。その音声ガイドナレーターを務めるのが、放送中の連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)でアニメ演出家を演じる中川大志(21才)だ。この不思議な巡り合わせで感じた情熱、表現者としての学び、伝えたい想いを語る。

 高畑勲さんの生涯を追った音声ガイドはまるで一本の映画のようだった──そう感慨深げに語る中川。音声ガイドを務めるのは今回が初めてだ。

「お客様が展示物を見ながら聴くものなので、視角から入る情報や感覚を邪魔しないように情感を込めすぎず、冷静に、丁寧に話すことを意識していた、のですが…」

 音声ガイドを務めることが決まっても、収録前にあえて高畑さんの人生に触れることはしなかったという。

「まっさらな状態で挑みたかったんです。でもそうしたことで、音声ガイド収録が進むうちに“やっぱり高畑さんもこう思っていたんだ”とその喜びや悩みに共鳴することができた。それがすごくうれしくて、つい感情が高ぶってしまって。“もっと淡々と読んでください”と注意されてしまいました(笑い)」

 展覧会をじっくり見るのも、実は開催期間中で初めてのこと。一枚一枚の原画に顔を近づけて見つめる姿は“同業者”のようだ。

「滑らかな動きを表現するには、1秒間に24コマ以上の絵を入れないといけないんです。だから、1本の作品に何千枚という絵が必要になる。それを、高畑さんはパソコンもない時代からやっていた。本当にすごいことです」

 作り手の苦労や表現に懸ける想いがわかったからこそ、展覧会の楽しみ方も以前とは大きく変わったという。

「ぼくたちの目に届くものって完成された作品じゃないですか。でも、そこに至るまでにたくさんのプロセスがあることが、展示物を見ているとわかります。原画を見なければ出会えなかったキャラクターや風景が広がっているんです。この濃密な空間をたくさんのかたに堪能していただきたいですね」

『パンダコパンダ』

「小学校に入る前かなぁ…おばあちゃんの家にビデオがあって行くたびに見ていた大好きな作品です。かわいいキャラクターが住む世界観がとにかく好き。大人が見ても面白い作品だと思うので、今もう一度見てみたいです」

『アルプスの少女ハイジ』

「スイスでのロケーションで高畑さんが見た景色が原画に起こされ、そのまま物語になっている。風景美も作品の重要なポイントだとよくわかります」

フォトスポットの前でパシャリ。「ここで写真が撮れたら、ハイジの世界にいるみたいですね!」。

『平成狸合戦ぽんぽこ』

「“もしかしたら、本当にどこかの山奥にこういう不思議で一生懸命なたぬきたちが暮らしているのかも”と思わせてくれるリアルさがある。ファンタジーを信じさせてくれる高畑さんのすごさだと思います」

『かぐや姫の物語』

「アニメの世界に入った頃、すでにかぐや姫の構想があったんですよね。それを最後に見事にものすごく綺麗な形にして世に送り出した。何枚ものセル画がその想いを物語っている気がします」

『火垂るの墓』

「決して忘れてはいけない“史実“が描かれている作品。目を背けちゃいけないことですよね」

『高畑勲展──日本のアニメーションに遺したもの』
会場:東京国立近代美術館「企画展ギャラリー」
東京都千代田区北の丸公園3-1
開館時間:10:00〜17:00(金、土曜日は21:00まで) ※入館は閉館30分前まで
会期:開催中〜2019年10月6日(日)まで(休館日は9月24日、30日)
観覧料:一般1500円、大学生1100円、高校生600円
★東京の会期後、2020年春に岡山での開催を予定

撮影/杉江拓哉

※女性セブン2019年9月26日・10月3日号

関連記事(外部サイト)