大林素子 22歳年下俳優との「寿司デート」で熱烈アタック

大林素子 22歳年下俳優との「寿司デート」で熱烈アタック

寿司屋でプレゼントを渡す大林

 残暑厳しい9月中旬の平日夜。東京・恵比寿の高級寿司店のカウンターで、一組の男女が身を寄せ合って寿司に舌鼓を打っていた。

「長身の女性は元バレーボール日本代表の大林素子さん(52。182センチ)でした。座っていても他の人より頭2つ分ほど飛び出ていたのですぐにわかりました。男性も大林さんと同じくらいの身長で、彫りの深いイケメンでした」(居合わせた客)

 食事が終わり、店を出ようという頃、大林はカウンターの下から水色の紙の手提げ袋を取り出した。

「紙袋を渡しながら、『こういうのって、気に入らないと他の人にそのままプレゼントされたりしちゃうから心配。中身見てみて!』と言って、恥ずかしそうに口に手を当てて。男性は『ありがとうございます!』と言って、中をチラリと確認して、ニッコリ。会計は大林さんが支払っていました」(同前)

 男性は一体誰? 芸能関係者が言う。

「舞台を中心に活躍している若手俳優の田中大地さん(30)です。大林さんとは、彼女主演の舞台『マザー』(今年5月公演)での共演をきっかけに仲良くなったと聞いています」

 大林は2012年に兵庫県のホテルの御曹司(当時30)との14歳差熱愛が報じられたほか、「今まで付き合ってきたのは年下ばかり」とテレビでも公言してきた。

 大林の所属事務所に聞くと、

「プレゼントの中身は紅茶のようです。(田中は)あくまで友人の1人です。大林は交友関係が広いので」

 と回答。田中の事務所は、

「8月末が(田中の)誕生日だったので、お祝いで誘っていただきました。紅茶は(大林が)部屋を掃除した際に出てきたものでご自身が飲まないということでいただいて。舞台を通して尊敬している方なので、女性としてのアプローチ、その逆は一切ありません」

 とのこと。

 開催中のワールドカップバレー2019で解説を務める大林。2人が会っていたのは日本代表の試合がない日だった。忙しい仕事の合間を縫って駆けつけた大林の“アタック”は、「尊敬」という言葉で“ブロック”されちゃった!?

※週刊ポスト2019年10月11日号

関連記事(外部サイト)