滝沢秀明氏、千葉被災地でチェーンソー 活動自粛Jr.も同行

滝沢秀明氏、千葉被災地でチェーンソー 活動自粛Jr.も同行

家屋の損壊によって発生したがれきの集積所。千葉県館山市(時事通信フォト)

 芸能界騒然の人事が発表されたのは9月27日。ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川さん(享年87)が今年7月に亡くなってから、2か月半、空席だった社長が決まったのだ。

「姉で副社長だった藤島メリーさんが会長に、社長は姪のジュリーさんが就任しました。そこまでは誰もが予想した通りでした。驚いたのは副社長。滝沢秀明さん(37才)が抜擢されたことは予想外でした」(スポーツ紙記者)

 滝沢氏は昨年末に芸能界を引退し、子会社のジャニーズアイランドの社長を務めていた。

「社長といえども、実際はJr.たちの育成、マネジメントに注力する立場でした。これまでもジャニーズ事務所の“経営に関与することは絶対にない”と断言していました。それがいきなり副社長ですから、どんな心変わりがあったのか、と驚かれていました」(前出・スポーツ紙記者)

 さらに重責のある立場になった滝沢だが、それでもスタイルは変わっていない。

 副社長就任が発表される約10日前。彼は台風15号で甚大な被害を受けた千葉県館山市にいた。同市在住の60代女性・A子さんが話す。

「台風で庭に生えていた大きな木が根元から倒れてしまい、出入口が塞がれてしまった。私たち夫婦ふたりではどうしようもなくて、本当に困っていたんです。市に相談しても、インフラや公共の施設の整備・復旧が優先ということでした。業者に頼もうとも思いましたが、“1本の撤去につき50万円”と高額な上にしばらくは手一杯で動けないという返事。

 そこで市からボランティア団体を紹介してもらい、連絡を取ってみたんです。すると、9月中旬に男の人が“こんにちは〜”と言って訪ねて来ました。ドアを開けると、そこに立っていたのは、あのタッキーだったからびっくり仰天」

 滝沢氏はジャニーズJr.ら若い男性たちを引き連れていたという。

「全員、爽やかな美少年で、動きやすい格好をして、肩からタオルをかけていました。タッキーは“ボランティア団体の紹介で来ました”とだけ言って、私に何に困っているかを丁寧に聞いてくれました。庭に案内すると、タッキーは持参したチェーンソーを見事に使いこなし、手際よく倒木を切断しながら、テキパキと若い子たちに指示していく。本当にあっという間に庭をきれいに片づけてくれました。作業が終わると“それでは”と言い、こちらがお礼を言う間もないくらい颯爽と次の現場へと去って行きました。写真くらい撮っておけばよかった…」(A子さん)

 滝沢氏の災害復旧ボランティア歴は2004年10月の新潟県中越地震にまで遡り、以来、幾度となくボランティア活動に参加してきた。

「東日本大震災では『滝沢歌舞伎』の合間を縫って、現地に足しげく通っていました。昨年7月の西日本豪雨でも、被害の大きかった岡山県で復旧活動に従事していたそうです。今回も千葉には3度も足を運んでいます」(芸能プロダクション関係者)

 芸能人のボランティアは、時に“売名行為”として批判を浴びる。特に報道陣が一緒だと「パフォーマンス」などと言われ、炎上するケースもあった。

「でも滝沢さんは、マスコミの取材とは関係なく、ひとりで黙々とボランティア活動を続けている。今回の千葉でも、数少ない目撃情報が伝わっているだけです」(別の芸能プロ関係者)

 そのなかには、プライベート写真の流出問題で年内の活動を自粛している「HiHi Jets」の橋本涼(18才)らジャニーズJr.が滝沢氏に同行していたという目撃情報もある。

「橋本さんは自粛期間中に社会貢献活動を行うことになっていて、滝沢さんが“それなら被災地に行こう”と声をかけたようです。滝沢さんはボランティアの人手がいくらあっても足りないことを、経験上よく知っていますから」(前出・芸能プロ関係者)

 滝沢氏の経営手腕にも期待が集まっている。

※女性セブン2019年10月17日号

関連記事(外部サイト)