木村拓哉、「グループ解散後のソロ歌手は苦戦」ジンクスとの戦い

木村拓哉、「グループ解散後のソロ歌手は苦戦」ジンクスとの戦い

木村拓哉のソロデビューの勝算は?

 元SMAPの木村拓哉が9月29日、自身のラジオ番組『木村拓哉 Flow』(TOKYO FM)で、来年1月のソロアルバム発売を発表。番組内で「スイッチになったのは、みなさんから『音楽活動をやってよ』というメッセージをたくさんいただきまして」とファンからの熱い想いに応えることを明かした。芸能記者が話す。

「木村が歌手活動を再開すれば、ファンは発売記念イベントやライブなどで触れ合う機会ができる。木村には俳優業だけでなく、歌手としての一面もあるわけで、ファン待望のソロアルバム発売といって良いでしょう」(以下同)

 過去のジャニーズ事務所で一世を風靡したグループのメンバーが解散後、個々にソロ歌手として曲を出すケースは少なくない。

「代表的な例では、初代グループのジャニーズが1967年に解散後、あおい輝彦が1971年に『二人の世界』で40万枚を超えるヒットを飛ばしています。1976年には『あなただけを』で79万枚を記録して、オリコン1位も獲得。NHK紅白歌合戦にも初出場しました。翌年も『Hi-Hi-Hi』『センチメンタルカーニバル』とヒット曲を連発しました。

 ただ、解散後のソロ活動でヒットを飛ばした例は、あおいくらいです。本木雅弘は1988年のシブがき隊解隊後、1992年に『東へ西へ』で紅白歌合戦に出場しています。CMソングとしてよく耳にした歌でしたが、売上は7万4000枚で、オリコン最高35位でした。本木は徐々に俳優業に移行し、2000年以降は歌手活動を行なっていません。ちなみに、あおいも本木もグループ解散後、事務所を移籍しています」

 限定的なユニットなどを除けば、ジャニーズ事務所は1995年の光GENJI SUPER 5以降、2016年のSMAPまでグループの解散はなかった。光GENJIメンバーの解散後のソロ活動はどうだったのか。

「最も知名度の高かった諸星和己は解散後、事務所から独立。ファンクラブ限定で発売していたこともあって、解散後初めてオリコン100位以内に入ったシングルは2004年の『Real Action』で56位でした。

 事務所に残留したメンバーの解散後初シングルのオリコン最高位を見ると、佐藤アツヒロ20位、赤坂晃27位、山本淳一は大野智や生田斗真などとユニット『Junichi&JJr』を組んで35位でした(赤坂と山本はのちに退所)。1994年に事務所を離れた大沢樹生と佐藤寛之の独立後初のソロシングルは59位と54位でした。ちなみに、男闘呼組の成田昭次はグループの活動停止後、1994年に『永遠のひととき』を発売。当時はジャニーズ事務所に残っていましたが、オリコン40位でした」

 過去の例を見ると、ジャニーズ事務所でグループとして一時代を築いても、解散後のソロ歌手としては厳しい数字が残っている。木村拓哉はどうなるか。

「木村の場合は別格という気がします。SMAPは人気が落ちないまま解散しましたし、解散後も木村は主演ドラマで高視聴率を取っている。今回のアルバム製作陣もB’z稲葉浩志、森山直太朗、槇原敬之、いきものがかり水野良樹など豪華なメンツが揃う。時代は違いますが、アルバムではあおい輝彦もオリコントップ10に入れなかった。もし木村拓哉が1位にでもなれば、大変な快挙になります」

 SMAPはアイドルの概念を変え、新たな時代を作ってきた。木村のアルバム発売を発表した2日後の10月1日には、香取慎吾が新曲『10%』をサプライズで配信リリースし、同日付のオリコンデイリーデジタルシングル(単曲)ランキングなどで1位を獲得。

 木村拓哉も初のソロアルバムで、ジャニーズにおける“グループ解散後のソロ歌手は苦戦する”というジンクスを破れるか。

関連記事(外部サイト)