YouTuberに興味なかった僕が「だいにぐるーぷ」にハマった理由

 YouTuberといえば、固定カメラに向かって室内で「どーも! ●●です!」と叫びながら始まる動画に登場する人達というイメージが強い。そして、なぜか目にやかましいほど大きめの字幕(それはたいてい赤、白、黄色のゴシック体)をつけている。その独自文脈が苦手であまり熱心にYouTuberを見てこなかったイラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、初めてハマったYouTuber「だいにぐるーぷ」について、何が他と違うのかについて考えた。

 * * *
 長年、通っていている床屋に女性スタッフが入った。専門学校を卒業したばかりの21歳、菅田将暉のファンだという。髪をタオルで拭かれつつ僕は「どんなテレビ観てるの?」と聞いた。彼女は「テレビですか……、ほぼ観ないですね。YouTuberばっかりですね」と答えた。同年代でテレビを観ている人は少ないですね、と続き「高校時代、はじめしゃちょーにハマってました!」と熱っぽく話す。

 若者にとってYouTuberはテレビタレントと同等もしくはそれ以上の存在である。幼少期からテレビに浸かってきた33歳の僕にとって、にわかに信じがたい定説が証明された瞬間だった。

 その出来事から数日後、いつものようにYouTubeを観ていた。その中で「だいにぐるーぷ」というYouTuberが目に留まる。

 ルールがあるわけではないが、YouTuberのサムネのデザインはどれも似ている。動画に関連する写真(変顔のアップが主流)と太ゴシック体でデカデカと書かれるコピーで構成されたものが多い。しかし「だいにぐるーぷ」は違っていた。落ち着いたトーンの写真にさりげなく配置された企画タイトル名。YouTuberにしては自己主張が抑えめ、なおかつ洗練されたアイコンである。興味を惹かれたのでクリックし、動画を鑑賞してみた。

「この人達、スゴい……」

 この日、僕は遂に出会ってしまった。心の底から「面白い」と思えるYouTuberに……。1日でほぼ全ての動画を鑑賞した後、友人各位に「だいにぐるーぷ」の動画URLをLINE。とどのつまり、布教したくなるほどハマってしまったのである。

「だいにぐるーぷ」は中学時代の同級生から構成される6人組だ。多くのYouTuberと異なり、ネット向けのハンドルネームは誰も使っていない。中学生活そのまま、お互いを名字で呼び合う。メンバーの半分が早慶生、もう半分が中卒といったグループ内における学歴格差も特徴的だ。

 僕が彼らに対して、まず好感を抱いた部分は馴れ合いの少なさにある。「だいにぐるーぷ」の動画は内輪でウケているシーンが少ない。それこそYouTuberとはパーソナリティーを前面に出すことが仕事。動画の企画よりもYouTuber自身が主役となる。グループ系YouTuberとなれば、そんな個性に加え「仲間」といった要素も押し出される。メンバー間で盛り上がっていることが魅力の一つとなる。

「内輪なやりとりが好き!」という視聴者はそれでいいだろう。しかし、33歳にとってそれが辛い。観ているうちに、だんだんとナーバスに。関係性が薄い人のホームパーティーに参加したような気分に陥る。要するに「お前らなんで盛り上がってるの?」と言いたくなるのだ。

 対して「だいにぐるーぷ」は企画の面白さで勝負、そんな潔さが新鮮だった。

 彼らは約1年前に配信した『心霊スポットで1週間生活してみた。』がバズり、人気YouTuberの仲間入りをした。仮に他のグループ系YouTuberが同じ企画に挑戦したとしたら、メンバー全員で共同生活をするだろう。生活の中で起きる内輪のトラブルをネタに動画を作成するはずだ。

 しかし「だいにぐるーぷ」は、前述したように内輪ノリだけをネタにしない。心霊スポットで生活するのはメンバーのうち早大生の西尾のみ。他の面々はあくまで裏方として動画を支えた。「だいにぐるーぷ」の動画において、メンバーとは企画を面白くするための素材でしかない。動画の中心はあくまでも企画だ。

 その後も「1週間」をキーワードに大型企画を連発していく。『1週間逃亡生活』では賞金100万円をかけ、千葉県津田沼全域を舞台に鬼ごっこ。『1週間以内に無人島から脱出せよ』ではメンバー全6人が出演。高学歴チームと中卒チームに分かれ、どちらが早く脱出できるかを競い合った。

 また、「1週間」シリーズは日を追っていくごとに企画が本質から外れていく点が新しかった。西尾による『心霊スポットで1週間生活してみた。』は典型的な例である。鑑賞前、僕は恐怖に耐える西尾をイメージしていた。しかし、動画は意外な方向へと転がっていく。

 毎晩、心霊スポットに現れるのはお化けではなく観光客。西尾は彼らを連れて建物を案内、我が家のように部屋を紹介していく。最終日には過去に訪れた観光客を集めての大宴会in心霊スポット。僕はこの動画で有名心霊スポットの現実を知った。実際のところはお化け以上に人間でやかましい場所なのである。

 予想外の展開を見せた企画は他にもある。たとえばメンバー全員が出演した『1週間以内に無人島から脱出せよ』。動画の冒頭は高学歴チームと中卒チームのイカダ制作に重きが置かれていた。しかし、メンバーの一人・中卒歯抜けニートこと加藤が持ち込んだタバコが無人島生活を狂わせる。「だいにぐるーぷ」は今時珍しい愛煙家集団。喫煙者にとって休み時間の一服こそが至福。しかし無人島というシュチュエーション、容易にタバコを手に入れることはできない。結果、加藤のタバコにメンバーは群がっていく。

 皆が欲しているが手に入れることは難しい。市場の原理でタバコの価値は高騰し、「魚一匹あげるからタバコ1本と交換ね」と、無人島ではタバコが金の代わりとなっていく。 無人島での3日目には、スタッフがタバコを1カートンで差し入れ。それを契機にタバコ経済はより活性化していく。「イカダの材料となる竹を10本切り出し、作業場まで運べばタバコ10本」といったように人の労働を支配できるほどに力を持ってしまったタバコ。さらに高学歴チームは口八丁で中卒チームを騙し、無人島におけるタバコを独占。中卒チームをタバコ労働地獄へと追い詰めていく。

 結果として無人島企画の見せ場は、イカダによる脱出よりも市場経済が出来上がっていく過程にあった。「だいにぐるーぷ」は無人島といった何もない場所で、世の中の金持ちが貧乏人をいかに搾取していくかを再現。タイトルからこの展開は想像できない。

 現状、YouTuberの動画の魅力はDIY精神と即興性にある。稚拙かつ雑味な動画だが、時折プロが"撮れない瞬間"を映し出すことで人気を博していった。しかし、"撮れない瞬間"はプロが"撮らない瞬間"とも言い換えられる。くだらなさ、下品さ、過激さで名を挙げたYouTuberは多い。完成度の高い動画という観点において、YouTuberはプロと同じ土俵に立てていない。企画力、ノウハウ、画面構成力のレベルは段違いである。ゆえにYouTuberはパーソナリティー、内輪ウケ、ノリに依存した「面白さ」を提示。動画から幼い印象を抱くことも多かった。

 しかし「だいにぐるーぷ」に限っては、例外的な存在である。通常、YouTuberは出演者と製作者の役割を兼ねていることが多い。編集も自らこなすため、主観的に動画が作られていく。対して、テレビ番組において制作者が出演者の役割をこなすことはない。出演者のどの部分を使うのかは、製作者の視点で判断。客観的に作っているため、間口が広い番組を視聴者に提供することができる。「だいにぐるーぷ」の動画は後者に近く、一人称ではなく三人称の動画が作られている。

「1週間」シリーズの動画には、テロップ、ナレーション、アニメによる解説が入る。よく見かけるYouTuberたちの動画と比べると、画面の情報量が圧倒的に多い。何台もあるカメラ、ドローンによる撮影も効果的に活用し、様々な角度から事象を映し出す。多様な素材から最も効果的な映像を選んでいるため、動画の意味が視聴者にも伝わりやすい。

 そして、最も優れている点が撮影中に起こる事件を用意していることだろう。無人島で発生したタバコ経済も、おそらく偶然から生まれたものではない。動画撮影にあたって事前にネタを仕込んでいたはずだ。「だいにぐるーぷ」の手法は、放送作家によって支えられているバラエティ番組と似ている。成果物である動画の山場を即興に頼りすぎないため、内容は一定の水準を下回ることがない。

 毎日更新していくことはせず、不定期に動画を公開していく新しいYouTuber「だいにぐるーぷ」。現在、チャンネル登録者は数約50万人と意外に少ない。高学歴と中卒の6人組が今後どのように有名になっていくのか、今後も追いかけていきたい。

●ヨシムラヒロム/1986年生まれ、東京出身。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。イラストレーター、コラムニスト、中野区観光大使。五反田のコワーキングスペースpaoで週一回開かれるイベント「微学校」の校長としても活動中。テレビっ子として育ち、ネットテレビっ子に成長に成長した。著書に『美大生図鑑』(飛鳥新社)

関連記事(外部サイト)