日テレが異例の構成のドラマを相次ぎ投入、その事情とは?

日テレが異例の構成のドラマを相次ぎ投入、その事情とは?

賀来賢人主演の『ニッポンノワール―刑事Yの反乱―』(公式HPより)

 今年、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』、『あなたの番です』などのヒットドラマを輩出した日本テレビがこの秋ドラマで攻勢をかけている。異例の構成のドラマを相次いで投入しているのだ。今、日テレが攻める狙いと事情とは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 10月に入ってさっそく2019年のラストを飾る秋ドラマがスタートしていますが、業界関係者の間では、日本テレビが手がける3つの作品が話題を集めています。

 なかでも驚かれているのが、12日スタートの『俺の話は長い』。31歳のニート・岸辺満(生田斗真)が主人公のホームコメディなのですが、何と「30分×2話」という異例の構成だったのです。

 次に、9日スタートの『同期のサクラ』は、過疎の離島で育った北野桜(高畑充希)が建設会社に入社し、同期の仲間たちと過ごす10年間を描く物語。こちらも「1話で1年ずつ描いていく」という珍しい構成です。

 さらに、13日スタートの『ニッポンノワール―刑事Yの反乱―』は、「主人公の遊佐清春(賀来賢人)を含めた刑事全員が容疑者」という異色のミステリーですが、注目すべきは「『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の半年後」という設定。さらに、「『3年A組』に登場した宮城遼一(細田善彦)、本城諭(篠井英介)、喜志正臣(栄信)がそのまま出演する」ようです。

 いずれも他局のドラマでは見られない異例の構成ですが、どのような狙いがあるのでしょうか。

◆「ドラマを1時間見てもらう」ことの難しさ

『俺の話は長い』を30分×2話にした理由について櫨山裕子プロデューサーは、「世の中のテンポもドラマのテンポも早くなっている」「30分なら気軽に見やすいのでは」と語っていました。確かに、短時間の動画が多いネットコンテンツが浸透したことで、ドラマを1時間見続けることへのハードルが上がっている感があります。

 ちなみに、第1話のタイトルは「すき焼きと自転車」「寿司とダンボール」の2つ。櫨山プロデューサーは「かつてあったような家族みんなで笑って泣けるホームドラマを作りたい」ともコメントしていましたが、だから家族そろって見られるアニメ『ちびまる子ちゃん』『サザエさん』(フジテレビ系)のような複数立てにしたのではないでしょうか。

『同期のサクラ』の「1話1年」という構成は、時系列がわかりやすく、変化を感じさせやすいというメリットがある反面、「1年間を1話でまとめる」のは脚本家にとって至難の技。しかし、同作の脚本を手がける遊川和彦さんは、1992年の『十年愛』(TBS系)でも1話1年の構成で11話を書き切った実績があるだけに、不安はないのでしょう。

『ニッポンノワール』の狙いは、『3年A組』を手がけた福井雄太プロデューサーと脚本家の武藤将吾さんが同作でもタッグを組むという利点を生かし、話題性を高めるとともに『3年A組』ファンへのサービスになるから。視聴者にとっては、「今後さらなるリンクがあるかもしれない」という楽しみがあるのです。

 いずれも、しっかりとした理由や狙いがあるだけに期待できそうですが、日本テレビが異例の構成を仕掛けるのは今秋の3作だけではありません。

◆昨年の大不振とバラエティの好調

 前述した『3年A組』も「1話でほぼ1日」という異例のペースでしたし、先月まで放送された『あなたの番です』も2クール放送という異例の構成の上に、近年激減している長編ミステリーでした。

 さらに言えば、今月1日から『ZIP!』内で放送されている『生田家の朝』も、「約1か月間、毎日放送される民放の朝ドラ」という異例の試み。その内容も、「どこにでもいそうな4人家族の何気ない朝を描く」という他のドラマとは一線を画すものです。

 日本テレビがここまで異例の構成を続けているのは「たまたま」のではなく、「思い切ったものを仕掛けていこう」というムードがあるからでしょう。

 その背景にあるのは、昨年の不振。昨年、日本テレビが手がけるすべてのドラマが全話平均1桁視聴率という想定外の低迷に陥ってしまいました。ただ、バラエティは依然として好調をキープしているため、他局よりもドラマで思い切った策が取りやすいようなのです。

 また、「他局が安定した視聴率を得るために中高年層の好む、刑事、医療、弁護士、科捜研などの60分一話完結ドラマを量産している」という背景も、日本テレビのドラマが「攻めている」という印象につながりました。そもそも日本テレビには「若年層も狙っていく」という方針があり、実際『3年A組』『あなたの番です』にはネット上の反応を意識した仕掛けが満載。若年層にアジャストしたドラマ作りに取り組んだことが差別化となり、話題性だけでなく視聴率も獲得しているのですから成功と言っていいでしょう。

◆唯一の懸念は後出しの「Hulu」

 ここまでは前向きな挑戦が実を結んでいますが、唯一の懸念はHuluとの連動。先月、『あなたの番です』『ボイス 110緊急指令室』の最終話終了後に、Huluで関連コンテンツを配信したことで批判を招いてしまいました。

 問題は、無料で見られる地上波放送の直後に、有料コンテンツのHuluを連動させたこと。視聴者たちは、「有料に誘導するのなら最初から言っておくべき」「後出しするなんてだまされた」「もう日テレのドラマは見ない」などと怒りの声をあげていたのです。

 ここであげた作品が「すべて原作なしのオリジナル」であることからもわかるように、日本テレビのドラマが時間と手間をかけた力作であることに疑いの余地はありません。Huluは日本テレビの系列会社だけに社内事情もあるようですが、せっかくの力作を台なしにしないためのリスクマネジメントが必要でしょう。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

関連記事(外部サイト)