朝ドラ主演・戸田恵梨香の撮影秘話と大島優子のオーラ

朝ドラ主演・戸田恵梨香の撮影秘話と大島優子のオーラ

朝ドラ出演中の戸田恵梨香(写真/時事通信フォト)

 戸田恵梨香(31)がヒロインを演じるNHK連続テレビ小説『スカーレット』が、初回視聴率20.2%(9月30日、関東地区)と好発進を切った。

 緋色の炎が窯から噴き出し、それに立ち向かう戸田のシーンから始まった物語は戦後、滋賀県の信楽が舞台。陶芸家・川原喜美子の〈熱く燃えるような、情熱的な人生〉が描かれるというが、戸田の女優魂にも火がついたようだ。

 ロケ地となった窯元「宗陶苑」(滋賀県甲賀市)の社長が、こんな秘話を明かす。

「戸田さんはクランクイン前にも一度、うちに見学に来られました。工房を案内して、窯や信楽焼の特徴などを説明しましたが、周りにいたNHKや市の関係者に交じって、一般の見学にきた年配のご夫婦がずっと付いてこられたんです。間に入って私に質問されたりしていたのですが、戸田さんは嫌な顔ひとつせずに一緒に見て回ってはったんです。説明も30分以上真剣に聞かれていて、集中力がさすがやなと思いました」

 今作で戸田は役作りのため体重を増やし、土練りの技法も習得、陶芸する手元も吹き替えなしで撮影する。

「工房で土練りをみて“私もすごく練習しているんです”とおっしゃってました。信楽では土練りは3年かかって習得するといわれますが、短期間で大変なことだったと思います」(社長)

 そして朝ドラではブレイク必至とされる「ヒロインの親友役」の大島優子(30)にも、こんなことがあったという。

「大島優子さんだと僕はまったく気がつかなかったんです。後でプロデューサーの方に紹介されてようやく……。15歳の高校生役で化粧も薄くて、本当にそのくらいの年齢の女の子にしか見えませんでした。別の機会でお会いすると大人っぽくてオーラがあって、まるで別人。女優さんは凄いと感心しました」(同前)

 2人の30代女優の熱演が、物語をどう“絵付け”るか。

※週刊ポスト2019年10月18・25日号

関連記事(外部サイト)