広瀬すず、演技力も数字もあり若手では“敵なし”状態に

広瀬すず、演技力も数字もあり若手では“敵なし”状態に

テレビではお目にかかれない髪型

 広瀬すず(21才)が朝ドラ『なつぞら』(NHK)の後に選んだ仕事は初めての舞台。それも、女優なら誰もが憧れるといわれる演出家・野田秀樹(63才)作・演出の作品だ。

 10月8日から始まった舞台『Q:A Night At The Kabuki』(東京公演15日まで)は、12世紀の日本を舞台に、シェイクスピア作『ロミオとジュリエット』をベースにし、若き日とその後の2組のロミオとジュリエットの運命が描かれる。

 相手役の志尊淳(24才)との手紙を挟んでのキスシーンや激しいダンスなど、鍛えた身体能力の高さを舞台上で存分に発揮している。

「何を選ぶか注目されている中でのNODA・MAP。初舞台にふさわしい選択だと思います。ベテラン共演者にまったく引けを取らない存在感を放っていますよ」(舞台関係者)

 来年3月には主演映画『一度死んでみた』も公開予定。こちらは広瀬にとって初のコメディー映画出演になる。

「『一度死んでみた』では、過激なパンク女子高生キャラで、そのハジケっぷりが注目です。これを見た関係者からは“今こんなにマルチにできる若手女優は広瀬しかいない”なんて声もあがっています」(映画関係者)

 今、広瀬にはドラマや映画のオファーが後を絶たないという。

 そもそも広瀬の名前を世に知らしめたのは是枝裕和監督の『海街diary』(2015年)。広瀬はこの作品で新人賞を総ナメにし、翌年の『ちはやふる』(2016年)で映画単独初主演を果たした。

「その後、オーディションで勝ち取ったのが映画『怒り』のヒロイン。身も心もズタズタにされる壮絶なレイプシーンは、当時18才の広瀬さんに女優としての覚悟を植え付けたといいます」(芸能関係者)

 演技力だけでなく、数字が取れるという評価も加わり、若手では“敵ナシ”という広瀬。

「朝ドラ『なつぞら』では全156回の平均総合視聴率が26.8%(注)を記録。ライバルといわれる永野芽郁さん(20才)が主演の『半分、青い。』を上回りました。この数字が後押しして、彼女のギャラは現在の業界最高額といわれる米倉涼子さんに次ぐクラスになったともいわれています。彼女は性格もよくスタッフウケがすこぶるいい。一気に大化けしそうです」(前出・芸能関係者)

 21才で飲酒も解禁。バラエティー番組での奔放トークも話題だ。広瀬の快進撃は止まらなさそうだ。

(注)リアルタイム視聴と録画やオンデマンド視聴を含むタイムシフト視聴から重複分を引いた数値

※女性セブン2019年10月24日号

関連記事(外部サイト)