草刈民代と高嶋政宏、二人芝居ではどんな顔が見られる?

草刈民代と高嶋政宏、二人芝居ではどんな顔が見られる?

『プルガトリオ−あなたと私のいる部屋−』のシーンの草刈と高嶋

 二人芝居『プルガトリオ−あなたと私のいる部屋−』の囲み取材とゲネプロに、出演する高嶋政宏と草刈民代、劇作家アリエル・ドーフマンの原作を脚色した映画監督の周防正行氏が登場した。

 ギリシャ悲劇の『王女メディア』と、ジャン=ポール・サルトルの『出口なし』をモチーフとしている同作品。

 カウンセリングなのか、白衣の男が女に問いかける。家族のことや子供時代の話などをし、2人の駆け引きから女の本音が浮かび上がる。その後は、逆に女が白衣になって登場。立場を入れ替えながら二重のらせん階段を登っていく──そんな展開となっている。

 草刈は「私も高嶋さんも、今まであまり見せたことのない顔をお見せできると思います」と意気込みを語った。

 10月14日まで東京芸術劇場シアターウエストにて公演。

撮影/小彼英一

関連記事(外部サイト)