半沢直樹、年末年始にSP版放送か 続編にはサプライズも

ドラマ『半沢直樹』年末年始にSP版放送か 堺雅人は2児の父に、妻役の上戸彩も出演か

記事まとめ

  • ドラマ『半沢直樹』は、2020年4月に7年ぶりに続編が放送される予定となっている
  • 「年末年始に『半沢直樹』のスペシャルドラマが放送されるようだ」とTBS関係者
  • フジは新春に木村拓哉主演の『教場』を放送、テレビ朝日は『24』の日本版を制作

半沢直樹、年末年始にSP版放送か 続編にはサプライズも

半沢直樹、年末年始にSP版放送か 続編にはサプライズも

ついに続編が始動か

 2020年4月に7年ぶりに続編が放送される予定のドラマ『半沢直樹』(TBS系)。半沢との再会まで半年以上あるが、その“待ち時間”が短縮されるかもしれない。

「年末年始に『半沢直樹』のスペシャルドラマが放送されるようなんです。まだ企画段階ですが、内部関係者によれば前作の総集編というより、続編のプロローグ的な内容になる可能性が高いそうです。2020年は各局、スペシャルドラマに力を入れています。フジテレビは新春に木村拓哉さん主演の『教場』を放送しますし、テレビ朝日はアメリカの大ヒットドラマ『24』の日本版の制作が決まっています。他局の勢いを考えると、TBSとしては年末年始から『半沢直樹』でスタートダッシュを図りたいところでしょう」(TBS関係者)

 2013年7月クールに放送された『半沢直樹』は、言わずと知れた国民的人気ドラマ。最終回には、平成30年間のドラマで最高となる42.2%の視聴率を記録している。堺雅人(46才)演じる主人公・半沢の決めぜりふ「倍返しだ!」は流行語大賞にも選ばれた。

 続編は、池井戸潤氏の半沢直樹シリーズ『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』(いずれもダイヤモンド社刊)をもとにした内容が予定されている。前作では、バブル期に銀行に入行した半沢が理不尽な上司に立ち向かい、不正を明らかにするも、最終回で出向を命じられるという衝撃の展開に。続編では、出向先の証券会社に赴任するところから物語がスタートする。

 ここ数年で堺の状況も大きく変わった。妻・菅野美穂(42才)との間には、2015年に長男が、2018年に長女が生まれ、今では2児の父だ。

「堺さんは、お子さんが生まれてからは、できる限り多くの時間を育児に充てるように心がけてきました。遊ぶのはもちろん、オムツ替えや着替えなどもお手の物だそうです」(芸能事務所関係者)

 その堺も、来年は『半沢』続編の撮影で仕事に全力投球することになりそうだ。

「妻役の上戸彩さんも出演予定でしょう。前作で半沢の同期役を演じた及川光博さんや滝藤賢一さん、半沢の上司を演じた香川照之さんなどは出演すると思われますが、キャストについては極秘扱い。サプライズが用意されているのかもしれません」(別の芸能事務所関係者)

 そのヒントとなるのが、冒頭のスペシャルドラマ。ここに、前作には出演していなかった“旬の俳優”が登場すると囁かれている。

「今、いちばんカッコイイといわれる若手俳優Aさんには声がかかっているとか。AさんといえばNHK大河ドラマの主演。彼だけでなく、モデル出身で学園モノドラマでも人気の若手女優の顔も持つBさん、アーティストとしても俳優としても実力派のCさんと豪華な名前があがっているようです。彼らからしても『半沢直樹』は出たいドラマでしょう。年末年始のスペシャル版で、彼らと半沢の共演が実現すれば話題になることは間違いありません」(前出・TBS関係者)

 今をときめく俳優の参戦で、放送前から“倍返し”が期待できそうだ。

※女性セブン2019年10月31日号

関連記事(外部サイト)