又吉直樹 太宰治をきっかけに“人間”に興味を持つ

又吉直樹 太宰治をきっかけに“人間”に興味を持つ

売れっ子作家となっている芸人・又吉直樹さん(撮影/政川慎治)

【著者に訊け】又吉直樹さん/『人間』/毎日新聞出版/1400円+税

【本の内容】
〈ところで、仲野太一って覚えてるよね?(中略)もう知っているかもしれないけど、その仲野がとんでもないことになっています(笑)〉。絵と文章の仕事をする38歳の永山のもとに、古い友人から突然メールが届く。仲野は美術の専門学校時代、共同生活を送った仲間の1人で、永山に〈「お前は絶対になにも成し遂げられない」〉と予言した男だった。酒に議論に明け暮れた日々、「ハウス」で何が起きたのか。

 大きな構えのタイトルだ。人間という言葉が好きなのだという。

「Tシャツのデザインを頼まれて、普通の風景に『人間』という言葉を置いたこともあります。興味を持つきっかけは太宰治の『人間失格』なんですけど、『人間を失格するってどういう状態なんやろ』って思いながら読み、読み終わると、主人公の大庭葉蔵というか、太宰治がとらえる『人間』というのは、失格した人間をも含める、すごく大きい器なんじゃないかと考えたりもしましたね」

 芥川賞を受賞した『火花』は芸人、第2作の『劇場』は演劇の世界で何者かになろうと苦闘する青年の姿を描いた。初の長篇で、初の新聞連載である『人間』の主人公永山は38歳。漫画家に憧れ、今は絵と文章を仕事にしている。『火花』や『劇場』の彼らにどこか似た面差しの、何かを目指した若者の「その後」が描かれる。

「物語って劇的な瞬間をとらえることが多いけど、人生はその後も続きますよね、というところから小説を書き始めました」

 かつて永山は、芸術を志す若者たちと一軒家で共同生活を送っていた。同じ場所にいた「ナカノタイチ」という人物の消息を知ったことで、苦しかった日々の記憶がよみがえってくる。今は人気漫才師「影島道生」となった男とも再会することになる。

 永山の分身でもあるような、この影島の造型が面白い。芸人で、文芸誌に発表した小説が芥川賞を受賞しているのは又吉さん自身の経歴にぴたりと重なる一方で、毒舌で破滅型と、又吉さんから受ける穏やかな印象とはかけ離れたキャラクターに設定されている。

「ぼく自身は影島みたいに怒ったりしないし、人の感情が激しているのを面白がるほうです。あんな破滅のしかたもたぶん選択しないやろうけど、そうなる可能性がないわけではない。

 ぼくの小説は芸人を書いても劇作家を書いても『又吉の実体験』と読まれてしまうんですけど、俺か俺じゃないかでいうと全部俺なんです。というのをこの『人間』で書くことができたので、次回作は、又吉の実人生とはまったく交わらない作品を書いて、『実は、私小説です』とか言ってみたいですね(笑い)」

■取材・構成/佐久間文子

※女性セブン2019年10月31日号

関連記事(外部サイト)