俳優・岡本信人 緒形拳、杉良太郎と共演したときの思い出

俳優・岡本信人 緒形拳、杉良太郎と共演したときの思い出

岡本信人が緒形拳にかけられた言葉は?

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、俳優の岡本信人が、時代劇で緒形拳、杉良太郎と共演した当時の思い出について語った言葉についてお届けする。

 * * *
 一九七五年のテレビ時代劇『必殺必中仕事屋稼業』(朝日放送)で岡本信人は、緒形拳、草笛光子、林隆三と共に殺し屋チームの一員として参加、主に情報係として活躍している。

「かなり前から緒形さんを尊敬していました。大河ドラマの『太閤記』で木下藤吉郎をやったらその翌年に『源義経』で弁慶ですよ。そのキャスティングを聞いた時、『ないない。あのサルをやった人ができるわけない』と思っていました。それが、観てみると素晴らしい弁慶で。『すげえ人だ』と思ったんです。

 その後、NHKの銀河テレビ小説の『夜の王様』という拳さんの主演ドラマに僕もちょっと出たんですよ。そしたら拳さんが『信人、時代劇やるか?』って。『はい!』なんて言ってしばらくして『必殺』が来ました。たしか僕が初めて出た時代劇だったと思います。

 拳さん、凄い迫力でした。『おう』って入ってくると、撮影所の空気が締まるんです。それでいて、物凄く熱心で。台本も練りに練って、プロデューサーを呼んで『一緒に書きなおしてくれ』と頼んだりしていました。

 それもあって最初は緊張したんです。そしたら『信人、ゲストみたいだぞ』って。見抜かれていました。緊張していて、慣れた感じが芝居に出ていなかったんでしょう。それを『お前、緊張してるな』と言わない。初めて来たみたいな空気を『ゲストみたいだ』と。それも凄い」

 杉良太郎主演による日本テレビの時代劇シリーズには『新五捕物帳』(七七年)、『右門捕物帖』(八二年)と続けて出演、いずれも杉の配下の役を演じた。

「杉さんには随分よくしてもらいました。ちょっと気難しいと言われている杉さんが、僕には優しかったんです。

 たしかに、杉さんは歯に衣着せぬ方です。でも、正論なんですよ。たとえば、敵役のゲスト主役が殺陣ができない人だったことがありました。杉さんは不機嫌になって『信人、殺陣できない奴が主役なんて引き受けるのかよ』なんて言う。本人に聞こえているから僕はしどろもどろだったんですが、筋は通っています。

 ご自分の番組であるわけですから、それだけ作品として凄く大事になさっているんですよ。一本一本に、それは神経を使っていました。

 とにかくあの殺陣は凄かったですね。相手を斬ったと思ったら、もう次には反対側を向いている。それが速いんですよ。

 それから障子やふすまをバンバン倒しながら次の部屋へ次の部屋へと行く。そして止めどなく敵が来る。障子の向こうから刀が飛び出して来て、その刀ごと相手を引き倒すとか。それを三分ずっと続けるんです。

 本当に刺されるんじゃないか、というような真剣勝負ですよね。しかも、その殺陣を一瞬で覚えてしまう。天才だと思いました。

 杉さんは殺陣だけでも観る人を魅了します。ですから、僕は何もしなくてもいい。ただ下っ引きを一生懸命やればいいという感じで、何かサポートするとか、助演とか、そういうことはいらないんです」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『すべての道は役者に通ず』(小学館)が発売中。

■撮影/五十嵐美弥

※週刊ポスト2019年10月18・25日号

関連記事(外部サイト)