片岡愛之助 実在の人物演じるときは墓参りを心がける

片岡愛之助 実在の人物演じるときは墓参りを心がける

大谷吉継を演じる片岡愛之助

 豊臣秀吉が死去を機に、天下取りに乗り出していく徳川家康。天下分け目の関ヶ原の戦いが近づいてきた、NHK大河ドラマ『真田丸』で描かれるこの戦いでは、石田三成と大谷吉継(官名・刑部少輔)の友情も見どころのひとつ。大谷吉継役の片岡愛之助(44才)に、実際に訪れた関ヶ原や、歴女には見逃せない三成と吉継の撮影秘話まで、たっぷりと聞いた。

――演じている大谷吉継は、どういう人物?

愛之助:初めは覆面の人というイメージしかなかったんですけど(笑い)、男気のある忠義の人です。負けるとわかっている戦でも駆けつけますからね。そして物事を俯瞰的に、よく見極めている、すごく冷静で落ち着いた人物だと思います。

 ただ、どう色付けをしていけばいいのか迷いました。大谷吉継の本を読んだのですが、他の人のことばっかり書いてあるんです。伝説的な事ばかりが残っていて、それも本当かどうか定かではない。読めば読むほど、どれが事実なのかわからなくなってきまして、これは台本を読むしかないなと思いました。

 三谷さんの台本を読ませていただくと、非常にいい人なんです。堺(雅人)さんと前半話していたんですけど、いい人過ぎて怖いよねと(笑い)。その中にも、あの時代特有の冷酷さというのかな。物事を成し遂げるには仕方がないと、割り切っているところもあります。だから、容赦なく首を斬ることもする。

――歴史上の人物に取り組まれる時は、本を読むなどして調べる?

愛之助:実在の人物を務めさせていただく時には、どんな人間だったのか、ある程度入れます。でも一番大事なのは台本ですね。この脚本家は、この人物をどう描いているのか、どう見せたいのかが一番大事なので。

――三谷さんから、こう演じてほしいという要望は?

愛之助:「すごく素敵に、格好良く演じてください」というメールがありました。台本には格好いいシーンが全然ないから難しいな、なんて思いました(笑い)。「ぼくの刑部は正解なんですか?」と送ったら「大正解です」と返信がありましたよ。「関ヶ原の戦いで西陣に颯爽と吹く風のような男であってください」、と言われました。

――脚本家のイメージに合っているか、気になるもの?

愛之助:どういう思い入れで書いたのかは気になります。舞台の客席で芝居をご覧になるお客様は、賛否両論、色々な感想があるものですよね。だから軸は結局、脚本家の描いた人物像に近づいているのかになります。こう書いたつもりなのに全然やってくれない、となるといけませんからね。

――三谷さんはよく当て書きをされますが、役柄と本人は重なる?

愛之助:たとえば真田信繁の場合、しっかりしていて頭の回転がよく、テキパキ物事をこなしていく感じが、堺さんも普段こうなのかなと思わせますよね。

(山本)耕史くんは何でもできる方ですから、頭のいい石田三成はぴったりです。「馬鹿と喋るのは疲れる」なんて台詞は、本人も言っていたような気がしてきますから(笑い)。ムードメーカーで、面白いことを言って場を和ませてくれますし。そういう気遣いとか、冷静で頭がいいところは、三成に重なりますね。

――山本耕史さんとは、『新選組!! 土方歳三 最期の一日』でも共演していましたけど、今回のタッグはいかがですか?

愛之助:それ以来だったんです、耕史くんとは。懐かしいねって言いながらも、何年も会っていなかったのに、昨日まで会っていたという感じもしました。10年の間に、お互いに事情も変わっていて、いろんな話ができます。あの時と役柄の関係もよく似ていて、スッと入れる配役ですね。

――吉継の娘・春役の松岡茉優さんとは、お話をされましたか?

愛之助:はい。でも同じシーンはほとんどないんですよね。松岡さんが納豆大使になったということで、納豆をたくさん持ってきてくれたんです。耕史くんと「ここで食べると、におうよね」って話をして、持って帰りました(笑い)。

――関ヶ原の戦いで三成と吉継など、男の友情が描かれると思うのですが、見どころは?

愛之助:涙なしでは語れない、これまでとはまた違った男の友情の世界。2人はすごく熱いですよ。だけどその頃、ぼくは病で死にかかってる。元気であればガンガン行けるんですけど、息は絶え絶え、目も霞んで見えないわけです。その人物が戦場でも頑張るわけですから、苦しくもあり、演じがいのある役ですね。

――関ヶ原の戦いのシーンは、長くはないんですよね。

愛之助:はい。ロケがないまま関ヶ原が終わってしまうと聞いて、ショックでした。実は初めて、ドラマのために歌舞伎の舞台のお休みをいただいたんです。だから撮影が始まった瞬間から関ヶ原のロケが楽しみだったんですけど、まさかのロケなしでした(笑い)。

――今年の3月、関ヶ原にある吉継の墓参りをされていましたね。

愛之助:歌舞伎でもそうですけど、実在の人物を演じるときには、お墓参りに行っておきたいものなんです。逆に言うと、行かないと大変な目に遭うときもあります。

『四谷怪談』とか『累ヶ淵(かさねがふち)』とか、なにが起こるかわかりません。四谷怪談では顏が腫れた人がいて、お岩さんのお墓参りに行ったら急に治った。医者にも原因がわからないことって、本当にあるんですよ。そういう意味でも怖いです。でもやっぱり歴史上の方ですから、敬意を表して、プライベートで行ってきました。

――お墓の場所は、すぐにわかりましたか?

愛之助:迷うかなとドキドキしたんですけど、スマートフォンで調べたら、写真付きで「次はこっち」と丁寧に説明されていたので、ありがたいなと思いました。小雨が降る山の中を歩いて、無事に辿り着きました。

 舗装されて歩きやすかったのですが、当時は大変だったんだろうなと思いました。そして、昔の人もこの空気を吸ったのかなとか、見晴らしのいいこの場所をどういう思いで見つめていたのかなとか、怖かったのかなとか、色んな事が頭を巡りました。

 お墓参りをさせていただいて、ホッとしたというか、胸につかえていたものが下りたというか。これで務められるという思いでした。

――関ヶ原の戦いで、吉継が三成の西軍についたのはなぜか、歴史好きの間でよく話題になります。友情を選んだのか、西軍が勝つと思ったのか、なぜだと思いますか?

愛之助:これは当時を生きた人しかわからない事ですよね。人間、命あっての物種ですから、勝てるかなと思ったのかもしれないですけど。ぼくが思うところは、友情を超える何か。人間同士の魂と魂の繋がりという解釈で、ぼくはやっています。

――実は、三成と吉継はとても女性に人気があるんです。友情に“萌え”を感じるんです。

愛之助:「私に命をくれ」と三成に言われて、刑部は「今日はもう遅い、泊まっていけ」とすぐに答えを出さないシーンがあります。耕史くんと「まだ日が高いのに、なんで泊まって行けというんだろうね」と不思議がっていたんだけど、そういうことなのかなって、今話を聞いていて思いました(笑い)。

 それに、2人が抱き合うようなシーンも撮ってますよ。そうしたら、かなり萌えですよね、お楽しみに(笑い)。

【片岡愛之助(かたおか・あいのすけ)】
1972年3月4日生まれ。大阪府出身。歌舞伎俳優。1981年、十三代目片岡仁左衛門の部屋子となり片岡千代丸を名のり初舞台。1992年、片岡秀太郎の養子となり、六代目として片岡愛之助を襲名。2008年、上方舞の楳茂都流・四代目家元扇性を襲名。歌舞伎以外の舞台やドラマでも精力的に活動している。

◇NHK大河ドラマ『真田丸』
毎週日曜、NHK総合20時、BSプレミアム18時放送。後世に真田幸村の名で「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と評されることになる、真田信繁の成長物語。三谷幸喜脚本。

関連記事(外部サイト)