石田ゆり子が次々と優良物件購入、「不動産王」への道

石田ゆり子が次々と優良物件購入、「不動産王」への道

不動産を連続購入していた石田ゆり子

「朝起きて、冷蔵庫を開けたら、靴下が入っていたことがあったんです。自分でもなんでかわからないんですけど」

 10月20日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)でそんな仰天エピソードを明かした石田ゆり子(50才)。10月3日に50才の誕生日を迎えたが、かわいらしい“天然”ぶりと若々しさは健在だ。

 11月1日公開の映画『マチネの終わりに』では二十数年ぶりとなる福山雅治(50才)との共演が話題になるなど、仕事もますます充実しているようだが、『おしゃれイズム』収録時にはこんな気になることも口にしていたという。

「“知人の家にペット専用の部屋を作ってもらった”という話がありました。ただ、実際の放送ではカットされました。番組宣伝では、石田さんの“自宅公開”と告知されていましたが、インテリアが少し紹介された程度。どうも自宅についてあまり語りたがっていないように見えました」(番組関係者)

 石田は20年ほど前に購入したマンションを売却し、一昨年5月に都内の高級住宅地に地上3階建ての一戸建てを新築していた。土地の広さは130平方メートル以上、建物も含めて価格は3億円を下らないという。

「石田さんは現在ゴールデンレトリバーの『雪ちゃん』と、4匹の猫と同居中。前のマンションは大型犬と猫をまとめて飼うには手狭で、もっと広い家に住まわせたいという思いから豪邸に引っ越したそうです」(石田の知人)

 しかし、10月上旬『マチネの終わりに』の舞台挨拶後、石田が帰っていったのは、この豪邸ではなく都心のマンションだった。そのマンションは、今年2月に石田が購入したものだった。

「ファミリー向けの高級マンションで、都内の一等地にもかかわらず100平方メートル以上の部屋も多いです。なかでも石田さんが購入されたのは140平方メートルを超える物件。価格は3億円近くするのでは」(不動産関係者)

 豪邸を建てたわずか2年後に、高級マンションを買っていただけでも驚きだが、実は、この物件は3軒目だった。

「昨年夏にも都内の閑静な住宅地にあるビンテージマンションの最上階を買っています。こちらも100平方メートルを超える広さで1億円近くはするでしょう。現在は賃貸に出されているようです」(別の不動産関係者)

 一昨年以来、年1軒のペースで不動産を連続購入していたことになるが、いったいどういう理由からなのか。

「一戸建てに引っ越した後、石田さんは愛犬が階段の上り下りをすることを嘆いていました。犬にとってヘルニアになる危険性がありますからね。だから“階段のないマンションに”と考えたのかもしれません。『おしゃれイズム』で明かした“ペット専用の部屋”とは、彼女の新居のことかもしれません」(テレビ関係者)

 特徴的なのは、住み替えではなく、3軒とも所有し続けている点。しかも、すべて値下がりしにくい優良物件ばかりだ。それにはある先輩の影響がありそうだ。

「石田さんは樹木希林さん(享年75)をとても尊敬していました。希林さんは若い頃から不動産が趣味で、亡くなる前に少なくともマンション3戸、一戸建てを5軒も所有していたそうです。娘の也哉子さん(43才)・本木雅弘さん(53才)夫妻にも“年金のつもりで家賃収入をいただきなさい”とすすめていたほど。石田さんもこの“教え”に従っているのかもしれません」(芸能関係者)

 石田の事務所に問い合わせたが、回答はなかった。

 樹木さんを継承するかのように、「不動産王」の道を歩き始めた石田。天然のようでいて、意外にしっかり者なのかも。

※女性セブン2019年11月7・14日号

関連記事(外部サイト)