フジがわずか半年で15時間生放送終了 好判断に復活の予感も

フジがわずか半年で15時間生放送終了 好判断に復活の予感も

『みんなのニュース』は1時間縮小されるという(公式HPより)

 フジテレビの秋の改編で、今春に掲げた「15時間生放送」をわずか半年で終了することが発表された。今後は、平日夕方の『みんなのニュース』を1時間縮小して、『メディアミックスα』に変更。15時50分~16:時50分をBS・CS・配信との連動コンテンツやドラマの再放送にあてるという。「15時間生放送」は、低迷が続くフジテレビ再生のための一大プロジェクトだったはず。なぜこんなにも早く方向転換をはかったのだろうか? テレビ解説者の木村隆志さんが分析する。 

 * * *
 逆風が続く中、「わずか半年で挫折」と揶揄されるのを承知で、さほど重要ではない16時台の1時間のみを変更したところに、フジテレビの苦悩が見て取れます。しかも放送されるのは、BS・CS・配信との連動コンテンツやドラマの再放送。つまり、「『メディアミックスα』を見てもらいたい」という自信満々の番組ではなく、主にプロモーション目的のコンテンツが予想されているのです。

『みんなのニュース』の視聴率が好調ならこの改編は必要なかっただけに、番組関係者は悔しい思いをしているでしょう。ただ、『みんなのニュース』の16時台は、なぜか日替わりの若手イケメン俳優を起用したり、木村拓也アナが人力車で街を歩きながら天気予報したりなどのギャンブル的な企画が不発で、視聴者をつかめなかったのも事実。再放送のドラマを下回るレベルの低視聴率から抜け出せませんでした。

 もともと録画視聴が期待できない生放送番組は、視聴率がそのまま支持率に直結するだけに、今後も午後帯の番組で縮小や打ち切りがあるかもしれません。特に、『ミヤネ屋』(日本テレビ系)の後塵を拝す『グッディ』(フジテレビ系)や『ゴゴスマ』(TBS系)、『news every.』の後塵を拝す『Nスタ』(TBS系)の関係者は、「明日は我が身」と身が引き締まる思いではないでしょうか。

 4月の改編時、「無難な情報番組のみをリレーさせる15時間生放送はフジテレビらしくないな」と感じていましたが、このところ夜のバラエティー番組でも『クイズやさしいね』『そこホメ!?』のような超ソフト路線が目立ち、「『何が飛び出すか分からない』楽しさはもう捨てたのかな……」と残念に思っていました。

 しかし、31年続いた『ごきげんよう』と52年間続いた昼ドラマを終了させてまでこだわった15時間生放送を半年間で撤回した決断には、重いものがあります。フジテレビは、4月期の全日帯(6~24時)視聴率で、TBSに抜かれて民放4位に転落しました。しかし、これが恥や外聞を気にせず、視聴率だけを見るわけでもなく、かつての“視聴者ファースト”を取り戻すきっかけになるかもしれません。

 そもそも「15時間生放送」は日本テレビが先輩であり、テレビ朝日とTBSも再放送のドラマか料理番組を挟んでいるだけで、生放送の情報番組は増える一方。日中にテレビを見ている人々は、この「朝から夕方まで同じニュースばかり。飽きても他に見る番組がない」状況に辟易しはじめていました。今回の改編は、そんな現状に小さな風穴を開ける可能性を秘めているのです。

 ちなみに10月からのテーマは、「フジテレbe with you.」(「そばにいるよ」の意味)。今や絶滅危惧種となった純バラエティー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』『めちゃ×2イケてるッ!』を打ち切らなかった好判断も含めて、「今回の小さな変化が、のちのV字回復につながるかもしれない」と密かに期待しています。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。

関連記事(外部サイト)