立川志らく 渥美清を語るトークイベントでオススメ作品紹介

立川志らく 渥美清を語るトークイベントでオススメ作品紹介

立川志らく。『男はつらいよ』のポスターとともに

 立川志らくトークイベント『俳優 渥美清 没後20年を迎えて』が9月1日、東京・渋谷のHMV&BOOKS TOKYOで開催された。

 落語家であり映画評論家としての顔を持つ立川志らく(53才)。師匠である立川談志が渥美清と親交が深かったこともあり、『男はつらいよ』シリーズ全48作を観たところ、その魅力にハマり、いつしか“寅さん博士”になっていたという。

 また、寅さんについて語り尽くす独演会を開催した際、山田洋次監督に「俺より詳しい」と言われたとのエピソードも明かした。

 さらに志らくは、役者・渥美清の魅力を知るためのオススメ映画4本を紹介。『拝啓天皇陛下様』(1963年)、『キネマの天地』(1986年)、『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』(1975年)、『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』(1983年)というラインナップだった。

撮影/小彼英一

関連記事(外部サイト)