リアル「商品テスト」 トースターでパン4万3000枚焼いた

リアル「商品テスト」 トースターでパン4万3000枚焼いた

ドラマでは常子が発案した「商品試験」が描かれる(公式HPより)

 10月1日の最終回まで1か月を切り、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』がいよいよ盛り上がりを見せている。視聴者が固唾をのんで見守るのは常子らが奮闘する「商品試験」だ。そのモチーフとなった雑誌『暮しの手帖』の“リアル商品試験”が評判だ。ドラマは佳境に入り、ヒロイン・常子(高畑充希)の発案で始まった「商品試験」が視聴者から大きな注目を集めている。

「批判を恐れずに悪い結果も誌面で伝えようとするところに、“人々の暮らしを支える”という強い思いが伝わってきます」(47才・主婦)
「電気釜の性能を調べるために、何回も何回も繰り返しご飯を炊く執念がすごい」(52才・パート)

 戦後の復興期に、常子が、編集長・花山伊佐次(唐沢寿明)とともに、雑誌『あなたの暮し』を創刊。日々の暮らしに関する情報を読者に届けているが、トースター、石けん、電気釜など身の回りの商品の性能を徹底的にテストして、結果を誌面で発表しているのが商品試験だ。

 モチーフになっているのは実在する生活総合誌『暮しの手帖』で行われていた「商品テスト」だ。実際、このテストにかかわった同誌の元編集者に話を聞くと、そこには想像を絶する“ドラマ”があった――。

◆「庶民の暮らしを守りたい」という思い

 商品テストを発案したのは、『暮しの手帖』編集長の花森安治さんだった。創刊から6年後の1954年から始まり、米、袋麺などの食料品から鍋、釜などの日用品、冷蔵庫、洗濯機といった家電まで、ありとあらゆるもののテストが行われた。

 同誌の元編集部員で、商品テストを担当した小榑(こぐれ)雅章さん(78才)が当時を振り返る。

「戦後の貧しい庶民の暮らしを守りたいという花森さんの考えで、商品テストは始まりました。そこにあったのは、庶民のなけなしのお金を無駄にしてはいけないという強い思いです」

 元編集長の尾形道夫さん(66才)もこう話す。

「私たち編集部員は、ジャーナリスティックな目を持つ“テスター”として、入社以来、育てられてきました。会社の地下の倉庫には、テスト日誌がすべて残っていたんですよ。それらが商品テストを支える基礎だったのです」

 スポンサーの圧力によってテスト結果をゆがめられないために、誌面に広告は掲載しなかった。テストに使う商品は正規の値段で買い、取材でメーカーに行く場合もお茶以外はごちそうにならない、という徹底ぶりだった。『とと姉ちゃん』では、製品を酷評されたメーカーが編集部に乗り込んでくる様子が描かれているが、実際に同じようなことはあったのだろうか。

 小榑さんは「メーカーの社員が編集部に来ることはよくあったが、圧力をかけられることはなかった」と話す。

「テストするのはほとんどが大手企業の商品です。クレームではなく、“このテストはどうやってやったのですか。われわれも参考にしたい”と言ってくるんです。

 そういうときは、こちらもテストの方法をすべて説明します。“そこまではできない”と言われ、こちらが“やるべきです”と返すなど、見解が割れることもよくありました」(小榑さん)

 中小企業の製品の場合、テストの結果が悪いと、「つぶれてしまう」「大手メーカーと比べないでほしい」と言われることもあったが、消費者の暮らしを守るという編集方針を変えることはなかったという。

 テストにあたってこだわったのは、普段私たちが使用するのと同じように、日常を再現することだった。専用の“実験室”をつくり、耐久性や性能などを徹底的に調べた。

「例えば電気プラグの試験をしたとき、われわれは何度もコンセントを抜き差ししました。メーカーのテストは機械で行うので、まっすぐにプラグを抜き差しします。

 でも、人は少し斜めから差したり、見えにくいからうまく差せなかったりする。そのつど、差し方が違います。それを再現するのが商品テストの基本です」(小榑さん)

 ドラマでは、トースターの商品試験で耐久性やパンの焼け具合を確かめるため、パンをひたすら焼くシーンが描かれたが、“リアル商品試験”でもトースターを扱っている。その数、4万3088枚! というから驚くばかり。

※女性セブン2016年9月22日号

関連記事(外部サイト)