映画「超高速!参勤交代」佐々木蔵之介 「もう速く走れない」

映画「超高速!参勤交代」佐々木蔵之介 「もう速く走れない」

佐々木蔵之介が新作映画の秘話を語る

 2014年に公開され、異色の時代劇エンターテインメントとして話題を呼んだ映画『超高速!参勤交代』が帰ってきた! 体を張った熱演が光る主演の佐々木蔵之介が、『超高速!参勤交代リターンズ』 (公開中)への思いや撮影のマル秘エピソードをユーモアたっぷりに明かしてくれた。

 * * *
 前作が公開されて1か月後くらいに、プロデューサーから「参勤で江戸に行ったので、続編では交代で磐城国に帰ってください」と言われました。「前作の倍、走ってもらいます!」って言うので、やめておいたほうがいいんじゃないですか? とお答えしたんです(笑い)。リターンズの設定は参勤の1か月後ですけど、実際には前作から2年たっていて。演じるほうの身としては体力が落ちているんですよ(笑い)。でも、走るシーンはもちろん、アクションも前作の倍、やりました。

 政醇(まさあつ)が死体に扮して関所を通るシーンでは、樽から転げ出たときに白目を剥いて舌をべろっと出すんです。それはぼくの演技プランで、どうしてもやりたかった。誰もやれとは言ってないんですけど(笑い)、これは外せないと思ってメイクさんと相談して舌も黒色に塗りました。実は閉所恐怖症という設定ですが、ぼくが子供のころから苦手なものは蜘蛛の巣。蜘蛛は平気なのに(笑い)。

 前作以上に本格的な立ち回りも多くて、戦っている最中にお咲(深田恭子)から「私のことどう思ってるの? ちゃんと言葉で伝えて」と言われるシーンは、シナリオを読んだ時点で難しいな、と思いました。でも、うまく成立したら上質な時代劇エンターテインメントになると思いながら演じたので、注目してください。

 参勤交代の道中のように、プライベートで行く旅もハプニングばかり(笑い)。あまりほかの人が行かない国を旅したいので、去年はウクライナに行きました。ガイド本は単体のものがなくて、ロシアの中の数ページだけ。首都キエフの地図も1ページの半分もないくらい小さいんですよ! その地図だけで、ずっと過ごしていました。

 映画のスタッフから「参勤交代は、1年おきにあったんですよ」と冗談交じりに言われたりしますが、これ以上はもう速く走れない(笑い)。ひとまず、これで見おさめていただけたらと思います!

【Profile】
1968年2月4日生まれ。京都府出身。O型。2014年公開の映画『超高速!参勤交代』で、第38回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞した。2017年には映画『破門ふたりのヤクビョーガミ』(1月28日)、『3月のライオン』、『花戦さ』が公開予定。

◇映画『超高速! 参勤交代リターンズ』(公開中) 全国松竹系ロードショー
藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)が率いる弱小で貧乏な湯長谷藩一行は、江戸へ参勤を果たして間もなく、交代のための帰路を目指す。途中で一揆勃発の知らせが入り、参勤の倍の速さで城に戻らなくてはいけなくなるが…?

撮影/江藤はんな(SHERPA)

※女性セブン2016年9月22日号

関連記事(外部サイト)