母の愛情が感動的な立川談笑『浜野矩隨』の改作

母の愛情が感動的な立川談笑『浜野矩隨』の改作

談笑の名演を解説(イラスト/三遊亭兼好)

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、立川談笑が大きく改作した『浜野矩隨(はまののりゆき)』の名演ぶりについてお届けする。

 * * *
 9月14日「立川談笑月例独演会」の『浜野矩隨』が圧巻だった。

 談笑の『浜野』は通常とは大きく異なる改作だ。亡き腰元彫りの名人・浜野矩安には何人もの弟子がいて、倅の矩隨の代になっても彼らが工房を守っている。矩隨の母は病床にあり、天寿を全うするところだ。

 ある日、矩隨は勢いよく駆けていて足が三本に見える若駒を彫り、母は「生き生きとしてるねぇ、お前は名人だよ」と褒めるが、いつも一分で買い取ってくれる若狭屋は、矩隨の独創性を認めない。

「三本足の馬なんて、お侍が欲しがるか? 売れないんだよ。余計な我を出して妙に工夫されると迷惑なんだ。普通に彫ってくれないかな」

 以前彫った河童狸を笑いものにされた矩隨が「あれは心の持ちようによって河童に見えたり、狸に見えたり……」と弁明すると「そういうの、もうやめてくれ!」と若狭屋は一喝。「お前が変な物を彫り続けてるから『本当は父親も大したことないんじゃないか』って言われ始めてるんだ。優れた弟子に持ち上げてもらっただけじゃないかってな! お前は名人の顔に泥を塗ってるんだよ! やめちまえ!」 酒の勢いも手伝い、もう何を持ってきても金輪際引き受けないと宣言する若狭屋。

 その経緯を聞いた母は「私に観音様を彫っておくれ。おとっつぁんのところに行くときに見せてやりたいから」と頼み、「私がお前に彫ってもらうのは二つめだよ。これを覚えているかい?」と、小さな彫刻を矩隨に見せる。「お前が三つの頃、見よう見まねで彫ってくれた可愛い兎だよ。肌身離さず持ってた」

 矩隨が仕事に励む横で、いつしか眠っていた母が目覚めて言う。

「お前が四つの頃、花見に行ったときの夢を見たよ。お前が遠くからいろんなお侍さんを指差して『おとっつぁん』『こっちもおとっつぁん』って……近づいてみると、みんなおとっつぁんの腰元彫りを持ってるんだ。『ああ、この子は生まれながらの名人なんだ』ってねぇ……」

 三日後、言い過ぎたと反省した若狭屋が矩隨を訪ねてくると、母は息を引き取っていた。観音像が仕上がり、母の亡骸に「しっかりおとっつぁんに見せてくださいね」と差し出す矩隨。それを見た若狭屋が言う。「出来たねぇ……これは矩隨名人の作だって、みんな納得するよ」

 以来、八十でこの世を去るまで名人の名をほしいままにした矩隨。工房の神棚には小さな兎と優しい顔をした観音様が祀られていた……。

 感動の余韻がいつまでも残る、談笑ならではの名演だった。

●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『噺は生きている』など著書多数。

※週刊ポスト2019年11月1日号

関連記事(外部サイト)