綾瀬はるか、紅白司会争いで広瀬すずに勝った決め手

綾瀬はるか、紅白司会争いで広瀬すずに勝った決め手

車か降りた綾瀬の手にはなぜかフルーツが

 10月17日の午後9時頃、都心の繁華街に一台のワンボックスカーが止まった。後部座席から降りてきたのは、綾瀬はるか(34才)。彼女は飲食店やネイルサロンが入る雑居ビルに入っていった。

「ベージュのオールインワンにおだんご頭で、とてもかわいかったです。運転手さんと話しながら、満面の笑みを浮かべていたのが印象的でした」(目撃した人)

 その日、綾瀬は4年ぶり3度目となるNHK紅白歌合戦の紅組司会を担当することが発表された。白組司会は、昨年と同じく嵐の櫻井翔(37才)、総合司会は3年連続でウッチャンナンチャンの内村光良(55才)が務める。

「紅組司会はすんなり決まったわけではないようです。発表当日まで、4〜9月の朝ドラ『なつぞら』でヒロインを演じた広瀬すずさん(21才)が、昨年に引き続き紅組司会を担当するのではないかという見方も強かった。綾瀬さんは大河ドラマ『いだてん』に出演していますが視聴率は低迷。今年のNHKの“顔”はやはり広瀬さんだという声も最後まであった」(NHK関係者)

 綾瀬と広瀬は昨年も紅組司会者の座を争った因縁もある。

「昨年は綾瀬さんが優勢といわれていましたが、結果、広瀬さんになりました。100回記念の朝ドラを後押ししたいという局の狙いが強かったようです。ただ今年は違う。広瀬さんは業界最高額のギャラといわれる米倉涼子さん(44才)に次ぐクラスになったといわれ、今いちばん、オファーが殺到している女優。だからこそ、綾瀬さんと広瀬さんの一騎打ちに注目が集まっていた」(前出・NHK関係者)

 しかし、今年の軍配は綾瀬に。冒頭のはじけるような笑顔は司会決定直後のことだった。

「決め手は“全国区の人気”です。今年、紅白は70回目の節目。さらに記念すべき令和初の紅白です。広瀬さんの勢いも捨てがたいですが、やはり安定した知名度は綾瀬さん。嵐との相性も抜群です。綾瀬さんが初めて司会をした2013年は、ここ15年で最高視聴率の44.5%を獲得しています。NHK側は綾瀬さんにあやかりたいという思いもあったと思います」(芸能関係者)

 綾瀬といえば、これまでの紅白では“迷司会ぶり”が話題になった。曲紹介の際にフリーズしたり、「このあとはSMAPさん」と言うべきところを「このあとさん」と言ってしまうなど、天然っぷりを炸裂させていた。

「現場はヒヤヒヤでしたが、視聴者には好意的に受け止められていたのは、彼女ならでは。今回は綾瀬さんの“ボケ”を櫻井さんがどのように受け止めるのかも見ものなので、放送事故にならない程度にドジってほしいですね(笑い)」(前出・NHK関係者)

 常識を“はるか”に超えた司会ぶりで今年も楽しませてくれそうだ。

※女性セブン2019年11月7・14日号

関連記事(外部サイト)