R15舞台共演の高岡早紀と松坂桃李 急接近の大阪の夜

R15舞台共演の高岡早紀と松坂桃李 急接近の大阪の夜

舞台を終えて出てきた高岡と松坂

 白いつば広帽を目深に被った女性がひとり、深夜の大阪・キタのメインストリートを歩いていた。繁華街のネオンと車のヘッドライトに照らされた顔は少し上気している。彼女はついさっきまで舞台の上にいた。クライマックスでは一糸まとわぬ姿を披露し、万雷の拍手を浴びた。頬の赤みは、その余韻だろうか。

 その5mほど後ろに、彼女の背中を見つめながら歩く長身の男性がいる。シルバーのベストにパンツ。ふたりは近づかず離れず、歩いていた。

 交差点の赤信号で女性が止まった。すると、彼が自然に追いついて、彼女の横に立つ。彼が何かを彼女の耳に囁く。先を歩いた高岡早紀(43才)と、後を追った松坂桃李(27才)。2、3言葉を交わすと、笑顔に。阿吽の呼吸で別々のタクシーに乗り込み、周囲の目を気にしながら夜の街へと消えていった──。

 8月26日に東京公演が始まった高岡と松坂が出演する舞台『娼年』は、9月7日から会場を大阪に移した。

 原作は石田衣良(56才)の小説『娼年』と続編に当たる『逝年』。毎日を無気力に生きてきたフリーターのリョウ(松坂)は、ボーイズクラブのオーナー・御堂静香(高岡)と出会い、自分の体を売るプロの娼夫としてさまざまな女性たちの心を「セックスを介して」解放していく。愛のない肉体の交わりを繰り返すリョウだったが、次第に静香に惹かれていく。

「3時間の公演で松坂さんは10回もベッドシーンを演じます。卑猥な言葉を言ったり、胸に舌を這わせたり、放尿シーンや男性同士の行為も。あまりに生々しい性描写に、舞台では珍しく15才未満の観劇が禁止されたほどです。それも話題を呼んで、連日満員御礼で立ち見客も出ています」(舞台関係者)

 舞台のクライマックス、レクイエムが流れる中、あふれ出した感情を抑えきれずに高岡と松坂は服を脱ぎ捨て一糸まとわぬ姿になる。同時に天蓋からレースのカーテンが下り、カーテン越しに見えるのは、透き通るような柔肌にツンと立った乳首がなまめかしい高岡と、松坂の引き締まった肉体。ふたりは静かに体を重ねた。

「高岡さんの艶っぽさに引っ張られるように、松坂さんの演技も素晴らしかった。彼がここまで体当たりの演技をしたことに驚かされました」(芸能関係者)

 松坂と高岡の共演はこれが初めてではない。2012年の映画『今日、恋をはじめます』で母と息子役を演じていた。

「前回の息子から、今回は情夫へ。4年の間に、プライベートの松坂さんも大きく変わりました。綾瀬はるかさん(31才)との恋もありましたね。舞台稽古中、高岡さんは彼のことを“おとなしそうに見えて、全然違う。あの子ヤバイ”って言ってました。もちろん役者としてだと思って聞いてたんですが…」(前出・舞台関係者)

 芸能界随一の恋多き女で、華麗な恋愛遍歴を誇る高岡。1996年に保阪尚希(48才)と結婚し2人の息子を授かるが2004年に離婚。2010年、内縁関係の青年実業家との間に長女を出産するが、その後すぐに破局。その間にも、布袋寅泰(54才)や松尾スズキ(53才)、市川海老蔵(38才)、勝地涼(30才)と、熱愛が報じられた相手はきりがない。

 高岡の18才、16才になる息子は現在海外に留学中。シングルマザーになってからの子育ては母親の手を借りているが、酒豪として知られる彼女の門限は「6才の娘が起きる前」。高岡ファンの男性は多く、年下から言い寄られることもあるが、「自分からは行かない。相手に“頑張らせる女性”」(高岡の知人)だという。

 そんな高岡に「ヤバイ」と言わしめた松坂。ふたりの距離が縮まるのに時間はかからなかったようだ。

※女性セブン2016年9月29日・10月6日号

関連記事(外部サイト)