示談成立で不起訴の高畑裕太 逮捕当日何があったのか

示談成立で不起訴の高畑裕太 逮捕当日何があったのか

謎の深まる高畑裕太の不起訴の真相とは?

「このたびはっ、皆さまに多大なるご迷惑をおかけして、本当に、申し訳ありませんでした!!」。9月9日、不起訴処分で群馬県警前橋署から釈放された高畑裕太(23才)は、署の前に詰めかけた報道陣を前に大声を張り上げた。

 絶叫後、30秒間にわたって深々と頭を下げた裕太が迎えの車に乗り込む際、報道陣からどよめきが起きた。裕太は憮然とした表情で、何度も報道陣をにらみつける。先導する女性弁護士の後ろを歩きながら、報道陣のほうににじり寄ってきた。

「まさか殴りかかられるんじゃないかと思った。それほど怒りに満ちた表情でした」(現場にいた全国紙社会部記者)

 8月23日未明、裕太は映画のロケで滞在していた前橋市のビジネスホテルの客室で、40代の女性従業員Aさんの手足を押さえつけて強姦し、右手首と指にけがを負わせたとして逮捕された。事件の衝撃は大きく、シングルマザーとして裕太を育てた高畑淳子(61才)に対し、「甘やかしすぎだ」「過保護」と母親としての責任を問う厳しい声が世にあふれた。

 強姦致傷は、無期または5年以上の懲役に処せられる凶悪犯罪であり、逮捕された裕太には重い判決が下ると予想された。ところが、誰もが予期せぬ無罪放免だった。裕太が不起訴処分となったのは、被害を訴えたAさんとの示談が成立したことが大きな要因とされる。

 不可解な展開となった今回の事件だが、逮捕当日に一体何が起きたのだろうか。

 裕太は映画の撮影で8月20日から群馬県前橋市に滞在していた。被害を訴えた40代女性・Aさんは、裕太が宿泊していたビジネスホテルの従業員だった。

 騒動前日の22日夜、このホテルから外出する際、裕太はフロントにいたAさんに「いい店ないですか?」と声をかけ、観光ガイドのパンフレットを受け取っていた。これが2人の最初の接点だった。

 ホテルを出た裕太は、前橋駅前の温泉施設を訪れてから、近所にある飲食店を2軒回り、ホテルに戻った。一部では泥酔状態だったと報じられたが、飲食店店員の証言では、裕太はそれほど酒を飲んでいなかったという。逮捕時、群馬県警の発表は以下の通りだ。

「被害女性は、裕太容疑者の依頼で備品の歯ブラシを部屋に届けに行った際、いきなり手首をつかまれて部屋に引きずり込まれた。彼女の知人男性が110番通報し、県警が事情を聞いたところ容疑を認めたため、逮捕した」

 だが、裕太の担当弁護士コメントは、こう主張する。

《知り得た事実関係に照らせば、高畑裕太さんの方では合意があるものと思っていた可能性が高く、少なくとも、逮捕時報道にあるような、電話で「部屋に歯ブラシを持ってきて」と呼びつけていきなり引きずり込んだ、などという事実はなかったと考えております》

 実際、隣の部屋に宿泊した撮影スタッフは、「裕太の部屋から争う物音はまったくしなかった」と話している。本誌記者もホテルに宿泊したが、壁は決して厚いとはいえず、隣の部屋のテレビの音が聞こえるほどだった。

 Aさんは右手親指と手首の関節に全治1週間のけがを負ったとされる。警察が主張するように、手首をつかんで部屋に引きずり込んだ時のけがなのか、暴行時に抵抗されないよう押さえつけたときのけがなのかは不明だ。

 一般に過去の強姦致傷事件では、被害者の抵抗を防ぐため首を絞めたり、顔を殴打するなど重傷を負わせがちだ。

 当時、Aさんは勤務中であり、酒で酩酊状態だったり薬で意識混濁といった状態ではなかった。裕太の暴行に激しく抵抗したことが予想されるが、恐怖のあまり声も出せず、身動きもとれなかったため幸いにも軽傷ですんだのかもしれない。

 また、裕太は行為後、ベッドで熟睡していた。

「強姦後、その場でそのまま寝るなんて常人には理解できない神経です。逮捕されてもいいと開き直って寝たとすれば、逮捕されたときの焦りようはあまりに不自然です。自分が“凶悪犯罪者”であるという意識が低かったのか、“罪”を犯したことにさえ気づいていなかった可能性もあります」(前出・社会部記者)

 裕太の眠りを妨げたのは警察だった。8月23日早朝、ホテルの部屋に群馬県警の捜査員が立ち入り、熟睡中の裕太を起こして、前橋署に任意同行を求めた。

 任意同行後、警察の取り調べに対して裕太は、「女性を見て、性欲を抑えられなかった」「申し訳ないことをした」などと容疑を認める供述をしたと報じられた。

「強姦事件の捜査はスピードが重要です。体液や傷跡など、女性の体に残る強姦の痕跡を証拠として押さえるには、なるべく早いほうがいい。男性にも早急に任意同行を求めるのが基本です。1つは逃亡や証拠隠滅を防ぐためであり、もう1つは弁護士と接触して法的アドバイスをされる前に供述調書を取っておきたいからです」(性犯罪に詳しい警察関係者)

 この捜査関係者によると、任意同行で強姦致傷の容疑者を逮捕するには、一般的に4つのことが必要になるという。

 1つ目は「強姦された」という女性の供述。2つ目は「強姦された際にけがをした」という医師の診断書。3つ目は容疑を認める男性の供述だ。

「裕太が犯行を認めたことも早期逮捕のきっかけでしょうが、逮捕にはもう1つ重要な要件があります。警察は“示談の道具”にされることを非常に嫌います。せっかく逮捕しても、その後に示談が成立すれば、被害者が捜査に協力してくれない。それどころか、一部には男性から示談金を引き出す狙いで警察に駆け込む女性もいます。だから、“示談ではなく、相手に厳罰を受けてもらうという意志があるならば逮捕する”と被害者に念を押すんです。“示談はしない”という確認が取れることが4つ目の要件で、今回の事件でも同様だったと思われます。ですが、結局は示談になりました」(前出・警察関係者)

 時系列を追うと、犯行が23日午前2時頃、通報が午前3時半頃で、警察が裕太に任意同行を求めたのは朝方だった。それから事情聴取、警察による裁判所への逮捕状の請求などを経て、13時40分に逮捕された。つまり、任意同行から逮捕まではほんの数時間だけ――裕太には弁護士から法的アドバイスを受ける時間はなかった。

「淳子さんが事件後に初めて裕太と接見した時の様子を“頭がよく動いていなくて、事態を整理できていない状態”“頭の回路が止まっているみたいで、申し訳ない、申し訳ないを繰り返すばかり”と言っていました。寝起きで警察署に行き、最初はそれほど重大な事態とは思わずに、“謝れば許してもらえる”という程度の認識で容疑を認める発言をしたのか、取調室に入って頭が混乱した状態だった可能性はありますよね」(前出・社会部記者)

 当初は犯行を認める供述をしていた裕太だが、その後、弁護士には「合意があった」と伝えている。

※女性セブン2016年9月29日・10月6日号

関連記事(外部サイト)