小林麻央 カリスマ助産師も見落とした「しこり」の落とし穴

小林麻央 カリスマ助産師も見落とした「しこり」の落とし穴

胸のしこりはなぜ見落とされたのか?

 有名ホテルの地上41階。都心の景色を360度パノラマで見渡せる高級レストランに市川海老蔵(38才)・小林麻央(34才)夫妻が来店したのは9月7日のことだった。

「もともと海老蔵さんの行きつけ店なんですが、この日は夫婦でランチを召し上がりに。麻央さんはショートヘアで、ほっそりされていましたが、ご自身でしっかりと歩いていらっしゃいました。ズワイガニとアボカドのサラダをはじめ、オニオンスープやパスタ、メインのお肉、デザートのガトーショコラまで完食されていました」(居合わせた客)

 この日のランチデートは海老蔵もブログに綴っており、

《いいのかよーってくらい食べてます》
《お医者さんが食事は何でも食べていいという方向性もあり、食べる事はいい事だなぁーと強引に納得》

 と驚きを隠さなかった。乳がん闘病中の麻央は、9月1日からスタートさせたばかりの自身のブログでがん発見の経緯を明かし始めている。2014年2月、夫婦で受けた人間ドックで異変があったこと、がんの可能性は五分五分だと告げられたこと…。9月7日には、『授乳中のしこり』と題してこんなエピソードが綴られた。

《私は、娘の授乳時から2年以上の間、週に一度、乳腺の状態を良くするための母乳マッサージに通いケアをしていたため、乳房に関しては大丈夫と、どこか安心していたところがありました。

 また、乳腺専門の知人2人から、「授乳中のしこりで癌の可能性が五分五分なんて、その先生は、オーバーだね」という意見を聞き、乳腺専門の先生がそう思うのだから、きっと大丈夫だなと、さらに安心してしまいました》

 麻央の強い後悔が滲む文章である。彼女を知る芸能関係者が語る。

「麻央さんは、この母乳マッサージの先生を信用していたんです。この先生は多数の芸能人の顧客を持つカリスマ助産師さんで、骨盤マッサージや骨格調整、操体法まで指導しています。彼女の経営する都心の整体サロンは連日予約でいっぱいで、麻央さんも毎週欠かさず診てもらっていました」

 著書もあり、ある有名タレントのブログにも“お世話になっているかた”として何度も登場している。そんなカリスマ助産師が付いていたことで、麻央は《どこか安心していた》という。

「だからこそ、乳がんだと確定した時のショックは計り知れないものでした。“いつも診てもらっていたのに…”って。ブログに母乳マッサージのくだりを綴ったのは、その道の権威でさえ、乳がんには気づかないという現実を知ってほしかったからなのかもしれません」(前出・芸能関係者)

 授乳中、乳房にしこりを感じる女性は多く、乳腺に母乳が溜まって炎症が起きる「乳腺炎」は、母乳で子育てをする女性の4人に1人が発症するといわれている。

「乳腺炎は指で押すとしこりが動き、弾力性があるケースが多く、乳がんのしこりは押しても動かず、石のように硬いという特徴があります。でも、その違いは絶対ではない。乳腺炎だと思ったら乳がんだったり、逆もしかりです。どんなに優秀な助産師でも触診だけで完璧に判別することなど不可能です。精密検査を抜きに安易に判断してはいけないのです」(ある婦人科医)

 9月12日、海老蔵は麻央の闘病に触れ、ブログにこう綴った。

《繰り返します 繰り返しますが 時はもどらない、だから いまを大切にします》

※女性セブン2016年9月29日・10月6日号

関連記事(外部サイト)