SMAPデビュー記念日の盛り上がり 貸切電車も

SMAPデビュー記念日の盛り上がり 貸切電車も

デビュー記念日にはファンが各地で集結

 9月9日はSMAPのデビュー記念日。今年は、デビュー25周年という節目でありながら、年内での解散が発表された中での記念日ということで、いつもとはまったく違うものとなった。当日のSMAPファンたちの動きをレポートする。

【AM10:00】
 西武園ゆうえんちは、ファンにとっての聖地。25年前のデビューイベントも、1万人と握手をした20周年イベントも行われた。それゆえ開園時間の10時から、おそろいのTシャツやタオル、バンダナなど、SMAPグッズを身に付けたファンでにぎわっていた。

 当初はファン主催の25周年イベントが計画されていたものの、解散発表を受け中止。それでも西武園側もファンと一緒にこの日をお祝いしたかったのだろうか、同園入口には、『世界に一つだけの花』にあるように、バケツの中にあじさいやカーネーションなど色とりどりの花が“バケツの中誇らしげに”飾られていた。そして園内のBGMはSMAPメドレー。

 ファンたちの中でひときわ注目を集めていたのが、横断幕を手に、彼らのデビュー衣裳を身に着けていた原薫さん(57才)と島津ちづかさん(35才)母娘。名古屋から始発の新幹線で来たという。

「東京には朝9時に到着してまっすぐにここに来ました。ライブのたびに衣装を作っているのですが、今回はもちろん、ここで彼らがデビューした時に着ていた服を用意しました。この後は、当時3才だった長男と、初めて握手会に行った『有明コロシアム』に移動します。当時中居くんが、スタッフの制止を無視して長男を抱っこしてくれて…」

 遠い日の思い出に馳せたその目には、うっすらと涙が浮かんでいた。

【PM0:00】
『カラオケパセラ渋谷店』では、開店前からSMAPファンの行列ができていた。驚いた店員がドアを開けると、お客さんが次々になだれ込む。予約客も含め、大部屋も小部屋もSMAPファンで埋まり、DVD鑑賞やメドレーカラオケが行われていた。

 小学生の時から木村拓哉(43才)ファンというA子さん(31才)も、パセラでのファンの集いに参加した1人。

「小学生の時からずっと、家族でファンなんです。ライブの時は父が車を運転して、家族旅行みたいに毎回参加してました。父は、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)をVHSの時代から毎週必ず私のために録画してくれていて…。一度番組観覧に行ってちょっと私が映った時の回は“A子出演回”と書いて“永久保存”になっているんですよ。私とSMAPの思い出は、そのまま家族の歴史。だからこれまで、ファンイベントなんて行ったこともなかったけれど、『解散まであと3か月、何とかしたい』という気持ちがあふれ出て、参加しました」

 同じ頃、『タワーレコード渋谷店』ではSMAPコーナーに人だかりができていた。あまりの混雑ぶりに急遽、SMAP商品専用レジが設置される事態になっていた。

【PM1:00】
 普段はのどかな、都電荒川線が走る風景。しかしこの時、SMAPを表す5つの星の模様をヘッドマークにしたど派手な貸切電車が運行していた。車内にはSMAPバルーンが浮かび、うちわを持つファンでぎっしり。ツイッターで瞬く間に目撃情報が拡散された。

「貸し切り可能なのは平日10時から15時半までで、基本的に1日1組限定。料金はどんな距離でも一律、1両1万3820円(片道)です。往復の場合は×2。団体の遠足のような移動手段だけでなく、落語やコンサート、結婚式などに利用されることも。音楽をかけるのは自由ですが、既存のポスターを貼り替えたり、車両備品のマイクを使うのはNG。途中下車もできます」(都電荒川線担当者)

【PM7:00】
 東京・恵比寿ではレストランを貸し切ってファンの交流イベントが行われていた。主催したファンの女性はその様子を振り返る。

「あまりにも悲しんでいるファンが多くて…。でも、せめて記念日の9月9日はハッピーな気持ちで過ごしてほしいと呼びかけたら、関東だけでなく、信州、東海、関西、北陸…と全国から42人も集まる大きなイベントになりました。食事をしながら彼らの曲を流し、思い出のムービーを見たり、ファン同士の“ベストドレッサー賞”を開催したりと、楽しく過ごしていたんですが、それぞれSMAPと自分の思い出を語るうちに、みんなで泣きだしてしまって…」(B美さん)

 夕方4時半に閉園した西武園ゆうえんちから、「『SMAP×SMAP』収録現場に近いから」とお台場へ移動したファンもいる。

「『世界に一つだけの花』を買うことを“花摘み”と呼ぶんですが、お台場のタワーレコードで花摘みをしてきました。直後に累計出荷枚数が300万枚に達して、トリプルミリオン認定を受けたと知って。ハイテンションのままカラオケボックスに移動し、DVD見ながらペンライトとうちわを持って、ライブと同じように盛り上がりました」(女性ファンの“けいちゅん”さん)

※女性セブン2016年9月29日・10月6日号

関連記事(外部サイト)