高畑の逮捕には地元警察の焦りを指摘する声も

【高畑裕太が釈放】群馬県警に対し“手柄”を立てようと焦っての性急な逮捕との指摘も

記事まとめ

  • 高畑裕太は強姦致傷で群馬県警に逮捕されたが、被害者との間で示談が成立し釈放された
  • 通報した人物が身内でなく『知人男性』だったことに、「相当な信頼関係」を記者は推測
  • 高畑裕太を逮捕することで“手柄”を立てようと県警が焦ったのではと関係者は指摘する

高畑の逮捕には地元警察の焦りを指摘する声も

高畑の逮捕には地元警察の焦りを指摘する声も

高畑の逮捕には地元警察の焦りを指摘する声も

 前橋市内のホテルで40代の女性従業員Aさんに性的暴行をしたとして、8月23日に強姦致傷の容疑で群馬県警前橋署に逮捕された俳優・高畑裕太(23才)。しかし、被害者との間で示談が成立し、9月9日に不起訴処分で釈放された。

 当初の報道では、警察の取り調べに対し、高畑裕太は「欲求を抑えられなかった」と罪を認めていたというが、釈放後の担当弁護士のコメントによると、「合意があった」うえでの行為だったとのことで、食い違う部分も少なくない。

 ちなみに、今回の事件で、警察に通報したのはAさんではなく、「知人男性」だった。事件の晩、ホテルの当直はAさんのみ。たった1人で勤務する最中、見知らぬ男から暴行の末に強姦されたとなれば、恐怖を感じ続けたことは想像に難くない。全国紙社会部記者が言う。

「“犯行”が終わったのが夜中の2時半頃という時間を考えると、まずは110番通報してホテルに警察の出動を求めることが考えられます。勤務中であることから、ホテルの上司や管理者に連絡し、そこから110番することもあるでしょう。ただ、多くのケースで被害女性が相談するのは、身内や同性の友人が圧倒的ですよ。この知人男性とは相当な信頼関係があったということなんでしょうね」

 彼女が相談した「知人男性」とはどんな人物だろうか。地元関係者が語る。

「年齢は60代で、地元の繁華街では顔の広い事情通として知られます。土木関係の仕事も請け負っているそうです。女性が襲われるようなトラブルが起きたときの対処法をよく知っている男性なので、彼女が頼ったんじゃないでしょうか」

 事件が起きた数十分後、知人男性らしき人物がホテルのフロントでAさんと話し込んでいる姿が目撃されている。Aさんの連絡を受けて、ホテルに駆けつけたのだろうか。その後、知人男性が警察に110番通報した。

「発生から1時間しか経っていないんですが、その時にはすでに強姦と致傷の証拠になる医師の診断書が揃っていたそうです。確かにトラブル処理になれている迅速な対応でした」(捜査関係者)

 とある警察関係者は、今回の事件は群馬県警の対応に問題があったと指摘する。

「強姦事件で本人またはホテルからの通報であれば即逮捕もありうると思います。ただし、急ぎすぎた感は否めませんね。現場検証や被害者、加害者の聴取をして、慎重に証拠を固めてから逮捕に踏み切ってもよかったのではないか。今回のように芸能人が凶悪犯罪を起こしたとされるケースでは、逮捕したら広く報道もされますし、担当の警察官にとってみれば、ある種の“手柄”になります。東京ならば芸能人が絡む犯罪も少なくないですが、地方では珍しい。証拠固めを怠り、地元警察が“功を焦った”と言われても仕方のない面もあるのではないでしょうか」

 最終的に示談になり、無罪放免になったのだから、逮捕は一体何だったのかということになる。

※女性セブン2016年9月29日・10月6日号

関連記事(外部サイト)