JYJジュンス ミュージカル『ドリアン・グレイ』への思い

JYJジュンス ミュージカル『ドリアン・グレイ』への思い

ミュージカル『ドリアン・グレイ』に出演するJYJのジュンス

 現在メンバーのジェジュン(30)とユチョン(30)が入隊中のJYJで、唯一でソロ活動を行っているジュンス(29)。そんなジュンスが出演するミュージカル『ドリアン・グレイ』が始まったということで、直撃取材を行った。韓国で活動するジュンスを日本メディアが取材できる機会はかなりレア、果たしてどんな話が聞けたのか──。(9月6日、韓国京畿道・城南アートセンターオペラハウス)

「今回『ドリアン・グレイ』でドリアン・グレイ役を演じるキム・ジュンスです。創作ミュージカルだけに、寛容な視点で、応援する気持ちで見守っていただきたいです。なかなかいい、期待できる作品が誕生したと思います」(ジュンス、以下同)

 少し緊張した面持ちで、会見冒頭でこう挨拶したジュンス。ミュージカルデビュー時から常に主演を張ってきたが、過去の作品を振り返ってみても、独特で個性的なキャラクターを演じることが多かった。そして今回のドリアン・グレイもまた強烈だ。

「80%以上の作品で、抽象的だとか、珍しい役を演じてきたのは事実です(笑い)。今回もドリアンの良心が堕落して醜くなるはずの外的、内的姿の代わりに、絵が醜く老いていくという抽象的な部分があります。耽美主義というのはとても難しいですね。(公演の準備に)与えられた時間が2か月もないのに、さまざまな翻訳の原作を読みながら、1か月かけて俳優や演出家、作家たちと台本の内容を一生懸命勉強しました。最初はその作業がとても大変で、中学生の時もそこまで勉強してなかったと思うくらい勉強したんです(笑い)」

 会見に同席した音楽監督からは、ジュンスのアイディアが、監督のピンチを救ったというエピソードも披露された。

「カーテンコールの時に披露されている曲が、公演時間の問題で泣く泣くお蔵入りになるところだったんです。ところがキム・ジュンスさんが、カーテンコールの時に一緒に歌ってしまえばいいのでは、と言ってくれて、演出家と拍手して飛び上がったことを思い出します。毎回その曲を披露するたびに、ジュンスさんには感謝の気持ちでいっぱいになります」(キム・ムンジョン音楽監督)

 今回の作品でも、後世に残るような名曲がたくさん生まれている。ジュンスが特に気に入っている1曲をあげるとすると?

「いちばん重点を置いたのは、2幕最初の曲『ノン ヌグ(お前は誰だ)』だと思います。ドリアンと自身の肖像画との対峙を擬人化して、他の俳優たちと一緒にダンスやモーションで表現したのですが、ドリアンは肖像画を屋根裏部屋にしまい込もうとするのに、肖像画はそこから出ようとする、そんな対立をダンスで表現しました。ぼくがこの作品の中で挑戦したことすべてが、この1曲に表現されているのではないかと思っているので、ここでは、『ああこれが今回の新しいチャレンジだってジュンスが言ってたな』って思ってもらえたらうれしいです」

 歌、ダンス、鍛え抜かれたしなやかな体、美しい衣装、映像を駆使した背景、そしてかつて見たことのないジュンスの狂気、禁断の男同士の絡みシーンなど見どころがあり余るミュージカル『ドリアン・グレイ』。悩み悶えるジュンスに、見ている側も身悶え必至です。

『ドリアン・グレイ』
 オスカー・ワイルドの長編小説『ドリアン・グレイの肖像』を新たに脚色した創作ミュージカル。イギリス貴族の美青年ドリアンが、永遠の若さと美しさを引き換えに、自身の肖像画と魂を取り換えることから起こる悲劇を描く。9月3日から10月29日まで韓国京畿道城南アートセンターオペラハウスで上演される。

撮影/PARK MYUNG WONG

※女性セブン2016年9月29日・10月6日号

関連記事(外部サイト)