ユージが語るステップファミリーの楽しみは「似てくること」

ユージが語るステップファミリーの楽しみは「似てくること」

ユージの継子である長男は現在16才。長女と次女は、異父兄にとてもなついているという(撮影/矢口和也)

 学校の1クラスに1人はステップファミリー(夫婦どちらか、または両方が子連れで再婚した家庭)の子供がいるといわれる現代。子供との付き合い方に悩む、継父、継母も珍しくない──。

 タレントのユージ(32才)は23才の時に出会った妻に一目惚れ。猛アプローチし、交際前だった妻の家を初めて訪れた時の衝撃が忘れられないという。

「リビングに入ると小さな子供が遊んでいたんです。妻とふたりの時間を想像していた自分は思わず固まり、“えっ、彼女は結婚しているのか?”“この子は何才なんだろう?”と一瞬の間にいろいろなことを考えました」(ユージ・以下同)

 すぐに妻から、前夫と離婚して小1の息子と暮らしていることを打ち明けられた。

「『離婚した』という言葉を聞き、肩の荷がサーッと下りて不安が消えました。子供が僕のことを知っていて『あ、ユージだ』とじゃれてきたので、ずっと一緒に遊んでいましたね。僕もシングルマザーの母親に育てられて、親戚のお兄さんが来るとめちゃくちゃうれしかったので、初めて逆の立場になった喜びがあった。同時に“この子を愛せないなら妻とつきあう資格はないな”と気づきました」

 すっかり子供と打ち解けたユージは、そのまま妻の家で寝泊まりするようになった。

「3週間くらいソファで寝泊まりしました。僕は心の中で妻とつきあいたいと思っていたけど、結婚と離婚を経験していた彼女は自分の気持ちより“僕と息子の関係”を重視して、彼が僕にどうリアクションするのか見ていたはずです。毎日遊んで子供がなつくのを確認して、妻は僕のことを好きになってくれたんじゃないかな」

 念願の交際が始まって約2年後、小学3年生になった息子を公園へ迎えに行くと、友達に「あれ、僕のお父さん」と説明するのを偶然目にした。父親として認めてくれたことに自信がついたという。

 2014年に入籍し、同年5月に長女、翌年7月に次女が生まれた。5人家族となったユージ家には、「一人っ子デー」がある。

「娘たちに手がかかるので、長男が寂しい思いをしないよう僕と妻のどちらかが長男と一緒にディズニーランドや映画館などに行く日を設けることにしているんです。僕の番の時にはワガママ放題ですが、おかげで普段目の届かない面や成長に気づけます。けんかばかりの娘2人も時々引き離して一人っ子デーをつくっています」

 子育てに励む毎日を送るユージは「3人とも僕の子供ですよ」と胸を張る。

「下の2人ももちろん大切。だけどいちばん長く一緒に過ごしている長男のことは、特によく理解できますね。血はつながっていないのに、なんとなく僕に似ていて、“本当はおれの子なんじゃないか”と思う。考え方や、なんなら顔も似てきました。それはステップファミリーの1つの楽しみですね」

 ステップファミリーに関する事件のニュースに接すると、妻と話をするという。

「血がつながってないからこそ“しっかりした子に育てなければ”という気持ちが強くなりすぎて、厳しくしつけるケースもある。もちろん手を出す人間が最も悪いのだけど、最悪の事態を避けるには、結婚前に子供との関係をしっかり見極めなければいけません。結婚後でも子供に手を出す相手だったら、母親は子供を連れて逃げる勇気を持つべきだと思う」

※女性セブン2019年11月7・14日号

関連記事(外部サイト)