笑福亭鶴瓶 演技の引き出しはない。まずは人間観察から

笑福亭鶴瓶 演技の引き出しはない。まずは人間観察から

演技について語る笑福亭鶴瓶

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、笑福亭鶴瓶の言葉から、演技の引き出しについて語った言葉をお届けする。

 * * *
 現在公開中の映画『後妻業の女』は、大竹しのぶ扮するヒロインが独身で金持ちの老人を誘惑しては後妻に収まり、その後で殺害──を繰り返していくというブラックコメディだ。
 
 本作で笑福亭鶴瓶は大竹の標的となる成金男を演じている。鶴瓶の設定は「物凄い巨根の持ち主」で、大竹とのベッドシーンではその設定を活かしたコミカルな芝居が展開されている。

「今までしのぶさんと一緒に芝居をしたことがないんですよ。しのぶさんが芝居をやっている現場を見たこともないんです。だから、ちょっと見たかったから、というのがあります。ラジオで語れることがたくさんありそうじゃないですか。

 実際に絡んで思ったのは、芝居は物凄いんですが、凄い照れ屋でもあることですね。だから、現場でシャイな心を緩和させてあげようかなと思いました。

 キスも一回しかしませんでしたから。よその人とは思い切りしておいて、僕とはせえへん。普段、仲がええから、自分の地に戻るんでしょうね。僕はそんなの思うてへんから、なんぼでもガーっといこうと思ったら、『あかん』みたいな感じだったの。それが逆に面白かったですね。その距離感が良かったから、シーツの中で絡むシーンでしのぶちゃんに『こういう時に大阪弁で言うには何て言葉がいちばんいい?』と聞かれて『あかん』と言うたんです。

 そしたらシーツの中で『あかん』『あかん』言うてるんですが、それがエクスタシーに達しているのか、抵抗して止めているのか分からん状態なんですよ。あの人、あのへんが上手いわ」

 鶴瓶は、ありとあらゆる人間の感情をリアルな説得力をもって演じてきた。その演技の引き出しはどのようにして作っているのだろうか。

「引き出しはないですね。ただ、人間観察が好きやから、まずは人間を見ることというか。日常って、いろんなケースに出くわすじゃないですか。でも、その面白さをどう伝えようかと思うような微妙なニュアンスのエピソードがあるわけです。そういう時に、これは難しい思うてやめてしまうことはあんまりないんですよ。

 回りくどく状況を説明しないと伝わらんことでも、あきらめんと伝えるんですよ。普通なら、そんなもどかしいことはしないですよ。でも、伝えにくい笑いを逃げないでやることが物凄く大事なんです。普通なら、こんな邪魔くさい笑いなんてせんでええ、もっとわかりやすいネタやったらええって話やねんけど。

 ただ、そういういちいち説明のいるような笑いって映画にはあるんですよ。フリートークなら邪魔くさいと思うようなことを、映画の一つのカットとして撮ったら……と考えたらおもろいなと思えてくる。それが芝居に役立つわけです。だから、そういう笑いも大事にしています。

 そうやって蓄積したものは映画で使いますし、もちろんトーク番組でも使います。だから今となってはトーク番組をやることが芝居に役立つのか、芝居をやることがトークに役立つのかわからへん。両方かもしれませんね」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

◆撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年9月30日号

関連記事(外部サイト)