フジテレビの攻勢、カトパンの夕方ニュースが番組最高視聴率

フジテレビの攻勢、カトパンの夕方ニュースが番組最高視聴率

加藤綾子アナは男性人気だけでなく女性人気も?(時事通信フォト)

 3戦連続で視聴率1ケタを記録し、第4戦も11.8%しか取れなかった今年の日本シリーズ(いずれもビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)。その余波は、各局番組の視聴率にも及んでいるようだ。テレビ局関係者が話す。

「日本テレビが18時から日本シリーズ第4戦を中継した10月23日、カトパンこと加藤綾子アナがキャスターを務めるフジテレビ系の『Live News it!』が番組最高の7.5%を叩き出したんです。夕方のニュースは日本テレビ系の『news every.』が18時台に2ケタを取る日もあって、他局を圧倒しているのですが、日本シリーズで休止になったことでフジに流れたのだと思います」(以下同)

 かつて『スーパーニュース』で夕方の視聴率でトップ争いを演じていたフジテレビだったが、ここ数年は低迷。昨年4月に始まった『プライムニュース イブニング』は3〜4%と奮わず、わずか1年で打ち切りに。今年4月から『Live News it!』が始まっていた。

「フジの夕方のニュースで7%台が出たのは、3年ぶりくらいでしょうか。もともと、加藤綾子アナは知名度が高いですし、何かのきっかけさえあれば上がってもおかしくなかった。ニュース番組は習慣なので、視聴率が上がるまで時間がかかる。しかし、一度定着すれば長く見てもらえる。日テレは、その機会をフジに与えてしまった。前月辺りから、徐々に『Live News it!』の数字が上がっていたので、ちょっと不気味に感じているでしょう」

 レギュラー番組ではなくスポーツ中継などの特番を放送する場合、テレビ局は相応の視聴率を出すことが求められる。

「人気レギュラー番組があれば、毎週同じ時間にチャンネルを合わせてくれることで、その局への視聴習慣が根付く。その流れで、前後の番組も見てくれる可能性が広がり、局全体の力が上がっていく。だから、高視聴率のレギュラー番組はできるだけ休止したくないんです。特に、帯番組は局の顔。『news every.』を潰しても、日本シリーズで視聴率が取れれば問題ありませんが……」

 これから、『Live News it!』は『news every.』を脅かす存在になれるのか。

「よく、『加藤アナは男性人気は高いけど、夕方ニュースの主な視聴者層である30代以上の女性人気はそれほどでもない』と言われますが、そんなことはないと思いますよ。加藤アナがキャスターを務めていた頃の『めざましテレビ』(フジテレビ系)では、女性の視聴率も総じて高かったですから。

『嫌いな女子アナ調査』のようなものを根拠にしているのかもしれませんが、好きな女子アナにも上位で名前が挙がりますしね。特定の人が積極的に回答するアンケート形式という性質も考慮すべきでしょう。W杯バレーで数字を取ったこともあり、最近のフジは一時期と比べると、数字も悪くない。これから、『Live News it!』の視聴率が上昇していく可能性はあると思います」

関連記事(外部サイト)