綾瀬はるか、ゆるい私服に注目集まる 独自スタイル貫く理由

綾瀬はるか、ゆるい私服に注目集まる 独自スタイル貫く理由

車か降りた綾瀬の手にはなぜかフルーツが

 4年ぶり3度目のNHK紅白歌合戦の紅組司会を担当することが決まった綾瀬はるか。司会決定が発表されたその日、仕事後なのか、車から降りてきて笑顔を見せる私服姿の綾瀬をキャッチ。その私服が話題になっている。

 NEWSポストセブンは10月27日、ベージュのオールインワンを着たおだんごヘアの綾瀬の姿をとらえた写真とともに記事を配信。

 手にはなぜかフルーツを抱えて笑顔を見せた、綾瀬らしいといえばらしい癒しショットになっている。

 これまで、私服姿を写真に撮られるたびにその独特のファッションセンスが話題になる綾瀬。この日も、好みが分かれそうなダボッとしたオールインワン姿だった。

 この姿に対し、ネットでは「このタイプのベージュのオールインワンなんて難しいアイテムを上手く着こなされていると思います」と称賛の声があれば、「スタイルもバツグンなので、セクシーなドレスお願いします」といった“要望”も。

 これまでも綾瀬は、バツグンのスタイルを打ち消すようなダボダボスタイルの私服を好んで着ている。

 たとえば過去には、全身黒ずくめでマスクをかけ、隙のない雰囲気で都内のおしゃれカフェに入っていく姿や、全身黒のジャージー風姿で東京・恵比寿のビストロで食事、散歩をする姿がキャッチされている。

 特に注目を集めたのが、2017年7月、『綾瀬はるか ジャージー風姿の女優オーラ消し去るコーデ』のタイトルで配信した記事で、

「女優オーラを消し去るコーデ、新しいな(笑)」
「この格好で恵比寿を散歩していたら、逆に目立つのでは!?」

 といった声から、 “プライベートでおしゃれして街中を歩くとすぐにバレるから”“ダサくてもキレイ”“可愛いからよし!”と擁護する声もあった。ほかにも、

「綾瀬はるかはサングラスして女優っぽくキメている方が違和感。リラックスした服の方が、らしい」
「ハイブランドで身を固めてる綾瀬はるかは、あまり見たくないな…彼女はこれで良い!」

 などのコメントで賑わった。「綾瀬はるか 私服」で検索をかけると、「ダサい」のワードが出てくる一方、「おしゃれ通」との見解も。今回のオールインワンも、一見シンプルでありながら、ディテールがちょっと一般的ではないデザインであることから、もしかしたらわかる人にはわかるハイブランドを着ているのかもしれない。

 過去に、インタビューなどで“全身黒が好き”と語り、服はデザインよりも着心地や動きやすさ重視と明かしているが、それがリラックススタイルの私服の理由なのかもしれない。

 ただ、バツグンボディの持ち主でありながら、大きめサイズを着て、スタイルを隠して太って見えるのはもったいない気がするが…。

関連記事(外部サイト)