舞台のパタリロ役に加藤諒を起用 原作ファンも高評価

舞台のパタリロ役に加藤諒を起用 原作ファンも高評価

加藤諒が主演する舞台『パタリロ!』(公式HPより)

 原作ファンの多い作品の実写化には必ず賛否両論がつきまとうものだが、『パタリロ!』の場合はどうか。12月から行われる舞台『パタリロ!』に主演するのはタレントとしても役者としても人気急上昇中の加藤諒(26才)である。この起用について、原作をよく知るコラムニストのペリー荻野さんは「快挙」と絶賛する。ぺリーさんがそのワケを解説しつつ、過去の人気漫画の実写化を振り返る。

 * * *
 連日山盛りの芸能ニュースを見聞きして、たいていのことでは驚かなくなった今日この頃。しかし、「『パタリロ!』舞台に加藤諒が主演」というニュースには、ハタと手が止まった。

 素晴らしい!! よくぞ思いついた人がいたものである。『パタリロ!』といえば、『花とゆめ』で連載が始まった魔夜峰央の少女ギャグマンガ。掲載誌を替えながら、連載39年。少女漫画界のギャグマンガでは最長記録という人気シリーズである。アニメ版で親しんだ人も多いと思う。カリブ海に浮かぶ「マリネラ王国」を舞台に、パタリロこと若き国王パタリロ・ド・マレネール8世殿下とその側近たち(美少年が多い)によるバタバタ劇が展開する。

 天才的な頭脳と驚異的な身体能力を持つパタリロだが、性格はわがままでお金も大好き。得意技のひとつは足が複数に見える「ゴキブリ走法」である。人をおちょくるのが大好きで「シビアなお方だ…」と言われたら、「渋谷だと?」と返さずにはいられないタイプ。

 その外見を説明するのを一言で説明するのは難しいが、公開された『パタリロ!』の「金髪に美少年風のお目目パッチリメイクの加藤諒が黄色い軍服風衣装でうっとり顔をしている」写真は、まさにパタリロを体現。何より、顔が大きく、ずんぐりしたバランスがぴったりなのである。しかも、私はすっかり失念していたが、殿下は年齢が10歳! 10歳を演じ切れるのも加藤諒ならではかも…。すごい舞台になりそうである。

 日本では、人気マンガ・劇画の実写化は数多く、似ている!とうなりたくなることもある。おそらく誰にでも「マイベスト実写キャスト」があると思う。

 たとえば、大御所が登場して話題になったのが、『ゴルゴ13』シリーズ。高倉健主演の映画版は、外見よりも無駄口が一切なしという雰囲気がよく出ていたし、千葉真一版は眉毛とネクタイ、ゴルゴの二大極太要素をきっちり表現して、インパクト抜群である。

 今も名作として語り継がれるのは、1978年のドラマ『浮浪雲』。商売を嫁と番頭に任せてふらふらと町を歩き、通りすがりに女の子のお尻をぺろんと触ったりするチャラい中年男(ただし、本当は骨も身もある)を渡哲也が演じた。後にこの役はビートたけしも演じたが、飄々とした不思議な雰囲気では渡哲也のほうが、ジョージ秋山の原作により近かった。
 
 近年、原作によく似ていた実写版といえば、『鈴木先生』の長谷川博己、『闇金ウシジマくん』の山田孝之、『ど根性ガエル』の松山ケンイチなどが思い浮かぶ。まさか実写になると思わなかった『ハクション大魔王』の村上信五にはびっくりだった。

 そして忘れてはいけないのが、『サザエさん』である。古くは昭和のスター江利チエミが主演した実写版。その視聴率は37%を超えたという人気ぶりだった。
 
 その後、星野知子、浅野温子、観月ありさが元気のいいサザエさんに。まだまだこの伝統は受け継がれていく気がする。そして、私個人の「マイベスト実写キャスト」は、この観月ありさ版『サザエさん』に登場した、武蔵の穴子さんであった。何もしてないのにあまりに似ていて、腹を抱えた。もし、また『サザエさん』を実写化するときにも、穴子さんは武蔵にしてほしいというのが私の密かな願いである

関連記事(外部サイト)