勘当もあった 森進一と長男「ワンオク」Taka波乱の父子関係

『ONE OK ROCK』Takaと父親の森進一に“父子断絶”と騒がれた過去も

記事まとめ

  • モンスターバンド『ONE OK ROCK』ファンの間で“あの曲”が話題になっている
  • その曲は、ボーカルのTakaが父との断絶と和解を歌ったものだという
  • 父は森進一でTakaが高校を辞めた際には勘当し、当時は“父子断絶”と騒がれたらしい

勘当もあった 森進一と長男「ワンオク」Taka波乱の父子関係

勘当もあった 森進一と長男「ワンオク」Taka波乱の父子関係

森進一の長男「ワンオク」のTaka(公式HPより)

 5万5000人の男女が飛びはね、絶叫し、泣いている。

 9月9日、静岡県浜松市の野外公園「渚園」で、4人組ロックバンド『ONE OK ROCK』(ワンオクロック)のコンサートが開かれた。

 翌10日の公演を合わせ、2日間11万枚のチケットが瞬時に完売。客層は20~30代の男女、みな暗黙のルールであるかのように黒一色の公式Tシャツを着ている。

「ヤバかったヤバかった!」「どうしよう! ヤバい!」

 終演後、客に話を聞くと、一様に興奮してまともな言葉が出てこない。過呼吸で酸欠気味の女性もいた。デビュー11年目。docomoのCMソングや映画『るろうに剣心』の主題歌で知名度を高めた彼らは、“ワンオク”の名で日本中から注目されるモンスターバンドに成長した。

「だって歌上手すぎるんだもん。ほとんど英語なんだけど、洋楽顔負け。今日は古い曲も新曲も一通り歌ってくれてセトリ(曲順)はマジよかったんだけど、ファンの間で今超話題の“あの曲”は歌わなかった。唯一、そこが残念」(観客の一人)

 会場のファンに聞くと、みな“あの曲”を知っていた。

「『Hard to Love』って歌。7月にアメリカのライブで初披露されて、まだCD化されてないんだけどね。ユーチューブで100万回再生されてるから、聴いてみて。マジでチョーやばいから」(会場の女性客)

 その曲は、ボーカルのTaka(28才)が、父との断絶と和解を歌ったものだった。

「お前ひとりで生きていけ」

 Takaは1988年、森進一(68才)と昌子(57才)夫妻の長男として生まれた。森は教育には厳しかった。

「幼児教育がいちばん大事だからと、躾も徹底していた。朝起きたら必ず仏壇にお供えものをして、食事も子供が食べるのは父親が箸をつけた後。友人の家にいっても、Takaはまず仏壇に手を合わせるので、親も驚いたそうです。森さんは小さい頃に両親が離婚して、母子寮で育ってますから。自分の息子には“父親の愛情”をちゃんと注ぎたかったんです」(森を知る芸能関係者)

 大学までエスカレーターの超名門私立小学校に入ったTakaは高学年の時、森と一緒に見にいった少年隊の舞台に魅了される。

「パパ、ぼくも踊りたい!」

 そのひと言でジャニーズの養成所に通い始めた彼を、親も応援した。

「森さんの家はあくまで学業優先。ジャニーズは課外活動の一環という位置づけだった」(前出・芸能関係者)

 しかし、生来のリズム感の良さを買われ、活動は本格化。中3で『NEWS』のメンバーとしてデビューすることになる。

「この時も、“学校の成績を下げないこと”を条件に森さんは活動を認めました。でも、華やかな世界ですから。Takaの生活も変わっちゃって」(前出・芸能関係者)

 付属高校に進学した当時、Takaの素行の悪さは校内に轟いていた。

「髪は茶髪。喫煙、飲酒に加え、奔放な異性関係も有名だった」(クラスメイト)

 女性とのプライベート写真も流出し、わずか3か月で『NEWS』を脱退。高1の冬には、「音楽で生きていく。バンド活動に専念したい」と学校を辞めると言い出した。

 無論、森は激怒。学校の先生にも会いに行った。

「息子を学校に留めるよう説得してくれ、と。学問を身につけて損をすることはない。夢を見ることはいいけど、一歩一歩進んでいく大切さを森さんは教えたかったんです。でも、思春期のTakaくんには伝わらなかった」(森の知人)

 高校1年の3月、Takaは高校を辞めた。森はこの時、Takaを勘当している。

「“おまえひとりで生きていけ!”と、息子を家から追い出した。その後、森さんと昌子さんは離婚して(2005年)、彼の親権は母親が持ったので、当時は“父子断絶”なんて騒ぎ立てられました」(前出・芸能関係者)

 だが、森の知人によれば、勘当後も、わが子の身を案じない日はなかったという。

「父親ですから。完全に絶縁なんてできるわけがない。周りから息子さんの様子を聞いては気にかけていた。ある時期、Takaは青山のスナックでバイトしていたんですけど、それを聞きつけた森さんが黙って店に行ったことがあった。仰天するTakaに、森さん、そっと財布から5万円渡したそうです。“これでちゃんと暮らせよ”って」(前出・森の知人)

 息子の頑な心も徐々に解けていった。森が還暦を迎えた2008年の誕生日、Takaは森にメールを送ったという。

「“本当はお父さんが誰よりも僕を愛してくれてるって、分かってた”って。毎日いつ寝てるのかわからないほど働いて、家族を養ってくれたことを覚えています、ということも書いてあったらしい。森さん、泣いちゃってね。以後はよくメールしたり、ご飯に行ったりするようになった」(別の森の知人)

 前出、『Hard to Love』の歌詞は、この気持ちを歌ったバラードだった。

《僕が学校をやめた時、あなたは“おまえはもうダメだ”と言ったよね。僕の反抗には理由があったんだ。ただその理由が何なのか分からなかった》(日本語訳 以下同)

《あなたは僕がまだダイヤの原石だって事を教えてくれた。今の僕があるのはあなたのおかげだよ。あなたが僕を誇りに思ってくれていたらいいな。僕がどうしようもないヤツだった時も、あなたは僕の事を愛してくれた》

※女性セブン2016年9月29日・10月6日号

関連記事(外部サイト)