橋本大二郎氏 妻・孝子さんの愛妻弁当は「鮎の塩焼き」

橋本大二郎氏 妻・孝子さんの愛妻弁当は「鮎の塩焼き」

愛妻弁当をうれしそうに見せる橋本大二郎氏

 現在、情報番組『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系、毎週月~金曜、第1部10時半~12時 ※一部地域をのぞく、第2部12時半~13時45分)のメーンキャスターを務める橋本大二郎氏(69才)。故・橋本龍太郎元首相(享年68)の弟としても知られる。彼に密着すると、かなりの愛妻家であることがわかった。そんなふたりの仲睦まじさが伝わる、ある日の様子をご紹介しよう。

 密着1日目、この日は岡山県の笠岡市民会館で行われた『社協設立50周年記念 第7回かさおかハートフル 社会福祉大会』に出席。出番前に、マネジャーでもある夫人の孝子さんにネクタイを直してもらう。講演会で着るスーツやプライベートの服は孝子夫人が見立てる。この日のスーツも孝子さんのセレクト。

 講演会が終わり、福山駅のホームから福山城を眺めるふたり。自然に寄り添うなど、仲睦まじさが伝わってくる。

 控室に入ると、担当者と打ち合わせ。「テレビは日常のことが話題なので、そんなに時間はかけられませんが、講演は事前にしっかり準備していきます」。講演会本番。自分の両親の生涯を通して現代社会に読み取れることなどを話した。約630人が熱心に耳を傾けた。

「道の駅でお土産を買いたかったんですけど、そんな暇もなかったですね」(孝子さん)と話すとおり、あわただしく帰京。

 2日目。テレビ朝日到着後、すぐにスタッフルームで出演者、プロデューサーらと打ち合わせ。1時間以上にも及ぶ。衣装に着替えて、本番へ。「長い情報番組をやるのは初めてだったので、最初は手慣れなかったですね」。

 W杯アジア最終予選のサッカー日本代表の敗戦を伝える資料を読みながら、放送前にメイク。そして本番。「大下さん(容子アナウンサー・46才)はアナウンサーとしての仕事をしながら、時間の管理もしてくださっています。とても素晴らし人です」。

 第1部のOA終了後、控室で第2部に向けて放送内容の打ち合わせ。この後、昼食を。

 本番終了後、反省会に向け移動。「テレビ局内での移動でしか運動できないので」と歩くのが速い。

 昼食は愛妻弁当。お弁当は毎日作ってもらっているという。「女房が作ったものはなんでも好きです。だいたいおいしいと言って食べないといけないですから」と照れ笑い。この日は、鮎の塩焼き。

 奥さまがお土産として買ってきた東銀座の『アメリカン』のタマゴサンドとツナサンドを食べながら反省会。スタッフ同士、家族のような仲のよさだ。家に帰宅。もちろん奥さまを先に乗せるレディーファーストだった。

撮影/浅野剛

※女性セブン2016年9月29日・10月6日号

関連記事(外部サイト)