福原愛の結婚会見 台湾のほうが面白かった理由とは

福原愛の結婚会見に芸能記者入れず 『めざましテレビ』岡副麻希を放送作家が評価

記事まとめ

  • 福原愛選手が日本と台湾で結婚会見を行ったが、日本では芸能記者が入れず暗い雰囲気か
  • 福原愛にフジテレビ『めざましテレビ』の岡副麻希が婚約指輪を尋ね放送作家は評価する
  • 台湾の会見では江宏傑選手の挨拶から始まり、福原愛にサプライズプレゼントも

福原愛の結婚会見 台湾のほうが面白かった理由とは

福原愛の結婚会見 台湾のほうが面白かった理由とは

“黒い桐谷美玲”こと岡副麻希(めざましテレビ公式HPより)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、福原愛選手の日本と台湾での結婚会見を比較分析。

 * * *
 多くの国民が「親戚のおばちゃん&おじちゃん」の気持ちで見守り、心から祝ったのが卓球の「愛ちゃん」こと福原愛選手の結婚会見だったのではないか。

「結婚していた」ことがスポーツ紙にスクープされるも、「リオパラリンピックが閉幕してから」と正式な報告を遅らせていた愛ちゃんは、まず日本で会見を行った。

 その一部始終を21日、『バイキング』(フジテレビ系)開始前に、同番組スタジオのサブで出演者らと共に見せてもらった。

 小さなモニターで見ていたこともあるのだが、「なんでこんなに重たい空気なんですか?」「記者の話すトーンも暗いし…」と疑問を投げかけると、「今日はスポーツの人しか入れてもらってないですからね」と番組スタッフが教えてくれた。

 横で見ていたスポーツ紙のデスク氏も「そうなんですよ、芸能記者は今日は入れていない」とボヤいていらした。

 というワケで、この日の幹事局だったTBSのスポーツ局所属の女性記者は、選手としての愛ちゃんの今後にいきなり言及。「いや、まだその質問はいいでしょ」「なれそめとか、プロポーズの言葉を聞かないと…」と一緒に見ていた人たちから一斉にツッコミが入った。

 そんな中、だいぶ質問の順番は遅かったのだが「フジテレビ『めざましテレビ』の岡副麻希です」と、“黒い桐谷美玲”こと岡副キャスターが手を挙げた。

 自身もスポーツウーマンで、フィンスイミングや遠泳を特技としている彼女。だから年中日焼けしているのだが、本人に聞くと「そうでもないですよ」などと言う。いやいや、黒いって!!

 そんな岡副は、『めざましテレビ』の“スポーツ担当”として会見場にやってきたのである。で、婚約指輪の質問を…。サブ内から「いいぞ、岡副!」と称賛の言葉が飛んだことは言うまでもない。

 で、例の卓球の弧線を描いた世界に一つだけのオリジナル指輪を愛ちゃんがカメラに向けてチラッと見せてくれたのだが、『バイキング』の本番中、その下りを見た坂上忍や、おぎやはぎの矢作兼らは「岡副! しっかりしろ!」「もっと手を上げてもらわないと見えないじゃないか!」と、おかんむりだった。

 いや、岡副は頑張ったと私は思う。もしあの場に芸能リポーターらが居たとしたら、指輪の質問はとっくに彼らの口から出ていたと思われる。

 が、周りはスポーツ記者ばかり。日ごろから、情報やバラエティーを制作する局とスポーツ局には深い溝があり、リオオリンピックとパラリンピックを終えたばかりのいまのタイミングでは、その溝を岡副もわかりすぎるぐらい、わかっていたのではないか。

 テレビ局では、ワイドショーやバラエティーは「おちゃらけ」で、スポーツは「神聖」という概念が根強くあるし、スポーツ紙でも同様だそうだ。

 オリンピック、パラリンピック閉幕後の現在は、ワイドショーやバラエティー番組にメダリストが多数出演しているし、恐らく年明けの新春特番あたりまで、彼らは「スペシャルゲスト」として各番組から引っ張りだこになるだろう。

 だが、そのオファーを“情報班”や“バラエティー班”は勝手にやってはいけないのである。「まずは、スポーツ(局)に、お伺いをたててからじゃないと」「我々が勝手にやっちゃうと、あとからスポーツが鬼の形相で飛んでくるからね」「あとで何かあったら、もう二度とウチの局には出てもらえなくなるらしいし」と、情報やバラエティーのチーフプロデューサーはビクビクしている…と言っても過言ではない。

 そこには、各競技の協会の「規則が厳しい」という理由もあるようだが、上下関係や規律を重んじる“体育会系”の社員が数多く属しているテレビ局のスポーツ局もまた、とても厳しい部署なのである。

 そんな人たちに囲まれて、昨今はバラエティー番組出演も多い岡副麻希は、繰り返しになるが精一杯、頑張ってくれたと私は思っている。

 一方、「ジャンくん」こと江宏傑選手のワンショットの挨拶から始まった台湾での結婚会見はずいぶんソフトな雰囲気だった。

 イケメンで、芸能界からオファーがあるとも聞くジャンくんは、どう振る舞えばマスコミが喜ぶかをよく知っている人だと見た。

 いきなり、ご両親から愛ちゃんへのサプライズプレゼントや、「永遠」を意味する薔薇の花束を愛ちゃんに渡したのを始め、終始笑顔で、さまざまなエピソードを話してくれた。

 残念だったのは、箱に直接リボンをかけて、その場で開封しやすいようにしてサプライズプレゼントを渡したのに、愛ちゃんが最後までリボンを解かなかったことだ。きっと愛ちゃんはアスリートとして「ちゃらちゃらしてはいけない」と叩き込まれているのだと思う。

 それでも、ジャン君の姉のアドバイスによるヘアメイクやドレスで現れ、幸せぶりだけでなく、女っぷりも劇的にアップさせた愛ちゃんは本当に美しく、イケメンのジャンくんと共に文句ナシの超有名人夫妻が誕生したというワケだ。

 愛ちゃんが台湾のルールに則った発音で挨拶をしたり、月面の土地をプレゼントしたエピソードを話したりするたび、最高の笑顔と補足コメントをするジャンくんの好感度もまたアップした。

 会見場での質問だけでは足りなかったのか部屋の外に用意された椅子とテーブルで、互いの左手を重ね合わせて、ツーショット写真撮影や追加質問に応じていた愛ちゃんとジャンくん。

 カメラや報道陣の多さでも日本より勝っていた台湾での会見場には、どうやらスポーツ担当以外の記者やアナウンサーも居たようで、内容も、二人の表情も、ずっと幸せそうに見えた。

 男と女の間…ならぬ、日本のテレビ局における「バラエティーや芸能」と「スポーツ」の間にある深くて暗い溝は、どうにかならないものだろうか。2020年の東京五輪に向けて、アスリートのテレビ出演はもっと増えると思うので…。

関連記事(外部サイト)