朝ドラ『べっぴんさん』 見所は菅野美穂の死とイジメ

朝ドラ『べっぴんさん』 見所は菅野美穂の死とイジメ

新朝ドラの『べっぴんさん』(公式HPより)

 平均視聴率20%超えが確実な『とと姉ちゃん』の後釜、次期NHK朝ドラの『べっぴんさん』は、どんな展開になるのか。放送開始より一足先にその見どころをレポートする──。

 皇室御用達の子供服メーカー『ファミリア』の創設秘話が、10月3日スタートのNHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』のストーリーの下敷きになっている。芳根京子(19)が演じるヒロイン・坂東すみれは、裕福な家庭に育ちながら戦争で苦難を味わいその後ファミリアを創業した、坂野惇子をモデルにしている。コラムニストの今井舞氏は、こう指摘する。

「『とと姉ちゃん』同様、物語のどこかに戦争を絡めて、不幸を背負い込みながらも女性が新しい時代に向かって羽ばたいていく。朝ドラのメイン視聴者層を刺激する展開で、ここ最近の勝利の方程式です」

 キャストも充実。すみれの母・はな役には3回目の朝ドラ出演となる菅野美穂(39)、後にすみれの夫役を演じる注目の若手俳優・永山絢斗(27)といった人気キャストに加え、中村玉緒(77)や山村紅葉(55)など個性派女優も名を連ねる。

 ドラマをより楽しむための3つのポイントを、坂野惇子の人生やキャストの配役から紐解く。

【菅野美穂「落涙必至の死に際」】

 すみれは幼少の頃、母親から裁縫を教わり、それがのちの「べっぴん(別嬪=最上級品の意)」である子供服を作ることにつながる。坂野惇子の母は90歳近くまで生きた女丈夫だが、ドラマですみれは9歳のとき、病気で母を失うストーリーになっている。朝ドラで初めて母を演じる菅野の“死に様”が最初のヤマ場となる。

【ヒロインvsいじめっ娘役・悦子様】

 坂野惇子は幼少時代、現在の神戸市東灘区、“日本一の長者村”と呼ばれた界隈に住む富豪・佐々木八十八の娘として生まれ、なに不自由なく育った。父・八十八の過保護ぶりは際立っており、キャラメルを与えるにもアルコール消毒をしてからだった。

 小学校時代、遠足にお手伝いさんがつき添う惇子を同級生たちは陰で“別荘の子”と呼んだ。

「イジメに耐えるヒロイン、といった部分がどこまで描かれるか楽しみです。女学校時代には“悦子様”と呼ばれるキャラクターが登場するとNHKは発表していますが、イジメ絡みのキーパーソンになってくるのではないかと期待しています」(漫画家で朝ドラウォッチャーのカトリーヌあやこ氏)

【ヒロインの「役名の秘密」】

 戦争で夫婦の危機も経験するが、それを乗り越えるロマンスが役名「すみれ」の元になった。

『坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」』の著書もある青山誠氏が語る。

「史実では、結婚後間もなく坂野の夫は戦争でジャワ島に赴任しますが、夫は復員前の手紙に〈すみれの花が咲くころ帰れそうだ〉と書きます。そして引揚船の名も『すみれ丸』。役名のすみれはこの史実からとったのでしょう」

※週刊ポスト2016年10月7日号

関連記事(外部サイト)