加藤綾子と椿原慶子も…フジ女子アナ「同期対決」のいま

加藤綾子と椿原慶子も…フジ女子アナ「同期対決」のいま

カトパンは最近“プライベート”も充実している模様(時事通信フォト)

「ちょっと、温度差が……」──元フジテレビの中野美奈子アナ(39)が10月6日、『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)に出演し、同期の中村仁美アナ(40)に対して入社当時に“壁”を感じていたエピソードを告白したことが話題となっている。

 中野は、当時の状況について「中村さんは天真爛漫で、フジテレビのアナウンサーになりたくてしょうがなかったんですよ。それで、(中村は)アナウンス室に最初にあいさつに入ったとき、号泣したんです」というエピソードを明かした。その上で、「ちょっと温度差が……これ私も泣かなきゃいけないの?」と、困惑していたことを明かした。

 番組内では「中村さんとは仲良しです」とフォローした中野だが、同期の女子アナといえば何かと注目され、比べられることが多い。番組露出や出世に大きな“格差”が生まれるのも常だ。フジテレビの場合は特にスター性が高いアナウンサーが多いだけに注目されている。

 フジテレビの「同期アナ」のその後を追ってみよう。

 9月に三代目 J SOUL BROTHERSメンバーのNAOTO(36)との熱愛が報じられた元フジの加藤綾子アナ(34)と、椿原慶子アナ(34)も2008年の同期入社だ。

 カトパンは『めざましテレビ』などの人気番組を次々に担当し、たちまちフジの看板アナに。一方、椿原アナはスポットライトを浴びるカトパンの陰で、目立たない存在と言われてきた。フジ関係者が語る。

「一般的には椿原は目立たなかったかもしれませんが、漢字検定2級や英語検定2級を取っているくらい真面目で社内でも評判がよく、報道畑一筋でキャリアを積み、“報道のエース”にまで上り詰めた。現在は育児休暇中ですが、私生活でも会社経営者と結婚し出産するなど、公私ともに充実しています」

 2年下の2010年入社といえば、今やフジのバラエティの“顔”といえる山崎夕貴アナ(32)だが、同期の中で入社当時期待を集めていたのは細貝沙羅アナ(33)のほうだった。

「細貝アナは慶応大学出身で、ミス慶應にも出場するなど可憐なルックスから“アイドルアナ”として将来を嘱望されていた。しかし、アナウンサーとしては看板番組を持つことがなくなり、2016年に人事部へ異動。アナをやっていただけに社内に顔は広いから、人事で活躍しています。

 かたや地方大学出身で入社直後はあまりパッとしなかった山崎アナは、イジラレ役でもなんでもこなして人気者になり、情報・バラエティ番組に欠かせない存在になっている」(同前)

 本人が入社当初に描いた将来像とは違うかもしれないが、「同期」はそれぞれの場で活躍しているのだ。

関連記事(外部サイト)