紀香をネガティブに取り上げると視聴率が上がるという謎

紀香をネガティブに取り上げると視聴率が上がるという謎

挙式もブログもまた炎上?

 東京・帝国ホテルにある孔雀の間。徳光和夫の名調子で華燭の典が華々しく進んでいく。列席者のテーブルには、歌舞伎界の大御所から若手のホープ、大物俳優にミュージシャン、タレントなど、錚々たる面々が並ぶ。

 見事な式辞と割れんばかりの拍手、そしてスポットライトで彩られた9月28日大安吉日。その日の主役は、片岡愛之助(44才)と、螺鈿(らでん)の虹色光沢に輝く色打掛を身に纏った藤原紀香(45才)だった。式の関係者が言う。

「出席者は約700人。そこは“9年前”より多くとこだわったポイントだったそうです。新郎側の招待客は梨園関係者がズラリと揃ってさすがに壮観です。その一方で、新婦側は“9年前”と比べると、かなりこぢんまりと抑えた雰囲気。もちろん、歌舞伎役者の披露宴なので、“新郎が妻を梨園にお披露目する会”という意味合いが強いことはわかります。ただ、式に招かれた人の中には、少なからず出席を遠慮した人もいるようです」

“9年前”──それは2007年5月30日に行われた紀香と陣内智則(42才)との超豪華披露宴のことだ。ホテルオークラ神戸で開かれた披露宴には各界から総勢600人が出席。郷ひろみが『お嫁サンバ』を歌い、途中でたむらけんじが獅子舞姿で乱入。新郎はコブクロの『永遠にともに』を、ピアノを弾きながら熱唱した。

 総額5億円ともいわれた披露宴はゴールデンタイムで『完全独占中継! おめでとう! 藤原紀香 陣内智則 愛と爆笑と涙の結婚披露宴』と銘打たれて2時間半にわたって全国に生中継され、関西地区では視聴率40%を叩き出した。

「『祝儀は最低10万円』と噂された9年前にもずいぶん包みましたが、今回も頑張りましたよ。司会者が前と同じ徳光さんというのもなんというか…」と、ある芸能関係者は苦笑いする。

 人生の大きな舞台で破顔する紀香。幸せの絶頂にいるはずのこの時なのに、なぜ彼女をバッシングする声がこうまでやむことはないのか──。

 9月23日、ふたりは京都・上賀茂神社で挙式を行った。白無垢に角隠し姿の紀香が境内に現れると、約600人の参拝客から「きれい」「おめでとう」の声があがった。しかし、梨園関係者の反応は冷ややかだったと芸能リポーターの石川敏男氏が言う。

「挙式の時、紀香さんは嬉しそうに参拝客に手を振っていましたが、あんなことをする梨園の妻はいません。富司純子さんも三田寛子さんも、夫のあとを一歩引いて歩いて、周囲には軽く会釈をする程度でした。結婚後も“私が主役”という意識が抜けない紀香さんを見て、多くの関係者が“やっぱり…”と眉をひそめたそうです」

 梨園に嫁いだ女性たちは、服装、立ち居ふるまいから始まって役者の妻の心構えまで、姑から徹底的に教えこまれるのが通常で、それは三田寛子も小林麻央も通ってきた道だ。しかし、その役を担うべき人がいないことも紀香にとって災いしているようだ。

 芸能関係者や梨園関係者だけではない。ネット上でも激しいバッシングが起きた。

「40代半ばで再婚なのに白無垢で前面に出て目立ちすぎ」
「あれだけの派手婚しておいてこの初婚アピールは苦しいでしょ」

 再婚でも40代でも、白無垢を着ることは何ら不自然なことではない。しかも、梨園の夫を立てるために、白無垢を着なければならないという事情もあっただろう。翌24日に綴ったブログの内容もまたまた炎上した。タイトルは『誓いの言葉』。

《この広い宇宙の中の八十億人の中から選ばれた この出逢い、このご縁に感謝です》

「うっとりしすぎている、陣内さんとの結婚がまったくなかったことになっている、とネットで叩かれています。他の人であれば何でもないようなことでも今は“紀香さんだから”という理由で炎上する。披露宴もしかりです。いつからなのか、ワイドショーでは紀香さんをネガティブに取り上げると、視聴率がグンと上がるんですよね…」(テレビ局関係者)

※女性セブン2016年10月13日号

関連記事(外部サイト)