北川悦吏子さん 今までNHKで脚本を書かなかった理由

北川悦吏子さん 今までNHKで脚本を書かなかった理由

脚本家の北川悦吏子さん(C)引地信彦

 9月23日から放送が始まったドラマ10『運命に、似た恋』。原田知世が演じる45才バツイチのシングルマザー(カスミ)と、斎藤工が演じる超一流デザイナー(ユーリ)が恋に落ちる大人のラブストーリーだ。脚本は『ロングバケーション』『ビューティフルライフ』(ともにフジテレビ系)など、数々の人気作品を手がけ、“ラブストーリーの神様”と呼ばれる北川悦吏子。NHKでは初執筆作となる。北川に創作秘話などの裏話をたっぷりと聞いた。

――今回、NHKで脚本を書くことになった経緯は?

北川:NHKさんからオファーがあったのが、昨年の秋頃でした。番組の視聴率分布図を見せてもらって、「ドラマ10」の視聴者層を知るところから入りました。この枠のドラマの特性を勉強をしようと思って、今までの放送作品を見ました。分析をレポートにまとめて局長とドラマ部の部長に提出したら、部長に「これ今度の部会で使っていい?」って聞かれました(笑い)。

 この枠は、年齢層が高くて、びっくりしました。50代60代70代あたりが多かったんです。そう思った時に「昔、少女だったあらゆる人に贈るラブストーリー」というキャッチコピーを考えました。

――NHKの初仕事は、大変だった?

北川:単純に、直しが多かったです(笑い)。私は脚本に人の手が入ることが苦手なんですよね。だから原作ものや実在の人物のものはやらないと公言しているんです。今回もオリジナルですが、監督が見えている景色を、すごい熱で私に注入してくるんです。

 すると、今書いているものが成立しなくなることもあるんです。そうなると解体して立て直すので、×3くらい大変になっちゃう。全8回の脚本だけど、24本分書いてるくらいの大変さでした。でもその分、深みのある作品になりました。私の疲弊は激しかったですけどね(笑い)。

――今までNHKでお仕事しなかったのはなぜですか?

北川:元々、フジの月9からデビューしているので、若い層に向けた作品を書くべきという気持ちがあり、あえてNHKをやらなくてもいいんじゃない、という気持ちはあったと思います。過去には、NHKからのオファーを断ったこともあります。

 でも、自分自身が年齢を重ねるにつれ、上の世代に向けた落ち着いた作品を書きたいと思うようになりました。そのタイミングでいただけたNHKからのオファーでしたのでありがたくお受けしました。

――大人の純愛がテーマですが、視聴者の年齢層を考慮した?

北川:そうですね。いわゆる月9を見てくれていた人たちも年齢を経ているので、今また胸をときめかせながら、前のめりで見てもらえるものを書きたいなという思いです。

――北川さんは当て書きをするので有名ですが、今回も?

北川:はい。私は役者が決まってから書くというやり方で連続ドラマを書いてきたので、どうしても当て書きなんですよね。その人が見えないと書けないんです。

 持論ですが、単発や映画など、2時間ものなら嘘がつけるんです。でも連ドラのように長丁場になると、どうしても役者の素が出てきてしまうんです。あまりに役者とかけ離れたキャラクターを作ってしまうと、嘘がつけないと思っています。

――斎藤工さんと原田知世さんの当て書きは、どういうところに顕著ですか?

北川:工君ってイケメンで、すごく頭の回転がいいのだけど、どこか不器用なんです。そういうところをユーリに移せないかなって思っていました。チャラチャラした振りをしているんだけど、全然そうじゃないというのが、すぐに見えてしまう感じです。

 知世ちゃんは、人を受け止めるのが上手で癒されます。何回かご飯を食べたりしているんですけど、話下手な人の話も笑顔で聞き続けていて、懐が深いなと思いましたね(笑い)。

 私が描く女性ヒロインは、『ビューティフルライフ』の常盤貴子さん、『ロングバケーション』の山口智子さんとか、強い感じの女性が多いんです。でも今回は、そうはならなかったですね。受け止めて励まして、というタイプの女性を、初めて書きました。

――カスミの勤め先が富裕層向けクリーニング店というのは、面白いですね。

北川:そういうクリーニング屋さんがあるのを知らなかったのですが、ある日、うちにお伺いに来たんです。そのクリーニング屋さんに取材をさせてもらったところから始まりました。

 富裕層向けクリーニング店というのは日本に5軒くらいしかないようで、ドラマにあるように、著名人の服が集まっているんです。売り上げランキングも実際にあって、1位の人は年間500万円以上クリーニングに出しているのも事実なんですよ。何を出したらそんなにって思いますよね(笑い)。

 だから、クリーニング屋さんが届け先のお金持ちと出会うというシチュエーションは、以前から思いついていました。

――カスミの息子、つぐみ(西山潤)に存在感があります。

北川:私には娘がいますが、体が強かったら本当はもう一人欲しくて、それがつぐみなんです。架空の息子をドラマに持ってきた感じです。今後の展開で、つぐみに想いを寄せているカメ子(久保田紗友)というオタクの女の子が登場しますが、うちの娘がモデルです。カメラがうまいので、カメ子です(笑い)。

 娘に彼氏ができなくて、いつか彼氏ができたらいいなと思って作ったラブストーリーで、つぐみとカメ子のエピソードは、本当は、単独で話を考えていたんです。タイトルまで決めていたんですけど、今回のドラマに絡めて作品にしました。

――デザイナー考証の佐藤オオキさんは、北川さんが熱望していたそうですね。

北川:はい。世界で活躍する多忙なデザイナーなので、絶対に無理だと思ったんです。でも、どうしてもお願いしたくて、直接会いに行って了承を得ました。ある意味、主演の工君や知世ちゃんを口説くよりも、大変な部分でした。オオキさんのデザインが第三の主役になると分かっていましたからね。『空から降る一億の星』(フジテレビ系)で明石家さんまさんと木村拓哉さんをキャスティングした時の苦しさを思い出しました(苦笑)。

 オルゴールが貝殻のカタチなのは、彼のアイディアなんですよ。その他さまざまなデザインをしていただきましたけど、やっぱり彼は天才だと思いましたね。ドラマで、みなさんの目で確認していただければと思います。

◇ドラマ10『運命に、似た恋』
NHK総合で、9月23日から毎週金曜22時に放送。全8回。シングルマザーのカスミ(原田知世)は、富裕層向けのクリーニング店で働いていた。配達先で、世界で若手No.1と目されるデザイナー・ユーリ(斎藤工)と出会う。カスミは、少女時代に出会った“運命の人”がユーリなのでは、と思い至り…。そこから本当の“運命”へと突き進んでいく、大人のラブストーリー。北川悦吏子オリジナル脚本。

関連記事(外部サイト)