『君の名は。』は大人もハマれる 数々の証言

『君の名は。』は大人もハマれる 数々の証言

大ヒット中『君の名は。』に大人がハマる理由(公式HPより)

 田舎に住む女子高生・三葉(声/上白石萌音)は、小さく狭い町の人間関係にうんざりし、東京の華やかな生活に憧れを抱いていた。そんなある日、自分が東京に住む男子高生・瀧(声/神木隆之介)と夢の中で体が入れ替わるところから始まる、アニメ映画『君の名は。』。

 9月22日までに774万人を動員、興行収入は公開28日で100億円を超えた。日本のアニメ映画界で100億円を超える興行を記録したのは宮崎駿監督の作品以外では初。勢いはとどまらず、新海誠監督著の『小説 君の名は。』も102.9万部(9月20日現在)を超え、関連書籍を含めると累計182万部突破。

 もはや社会現象となっている『君の名は。』。「ただの恋愛アニメじゃないの?」そう思っているかたはもったいない。

「2010年代を代表するアニメ映画の真骨頂といっていいでしょう。ぼくが噂を耳にしたのは、ジブリ作品『思い出のマーニー』(1014年)が終わったあたりから。有能なアニメーターたちがみんな新海さんのところに集まって、何かやり始めるぞって業界がざわざわしていたんです」

 こう話すのは、アニメ通で知られる漫才師「米粒写経」のサンキュータツオさん。新海監督の異色の才能は、これまで一部の熱狂的ファンに愛されてきた。が、ここにきて大衆のハートをつかんだ理由とは?

「アニメには大きく2つの考え方があって、宮崎駿さんに代表される《あっちの世界に連れて行くもの》と、高畑勲さん的な《必ず最後現実に戻ってくるもの》。この作品は後者なんですが、新海さんの高精細な映像美があるから、アニメーションとはいえ、現実とリンクしているんだと感じさせてくれる。2011年以降の社会情勢を経験した今、2016年に見る意味をしっかり用意していることが大人がハマれるポイントだと思います」

 そのポイントをより具体的に解説すると…。

【映像がスゴい!】
「音を消して映像だけ見ても絶対感動できる!」と断言する、アニメ通の漫才師・サンキュータツオさん。一眼レフよりも高精細に描くといわれる映像はご覧の通りだが、特出すべきは光。「新海さんは反射フェチなんじゃないかと思うほど、ビルやタイル、柱や蛍光灯など無機物に反射している光がリアルなんです」(お笑い芸人・サンキュータツオさん)

【再現性がスゴい!】
 公開当初から話題を呼んでいたのは、映画の舞台をめぐる“聖地巡礼”。足を運んだファンは「新海監督の再現力すげー!」「こんなところまで忠実!」と感動しきり。公開から1か月経った今も、映画内で忠実に再現されたロケ地には多くの人だかりが。あまりの人気ぶりに映画公式サイトではマナーに気をつけるよう注意喚起が促されるほど。

【新海監督の経歴がスゴい!】
「新海さんは“アニメ業界出身ではないのに、自己流で映像を全部ひとりで作る人がいる”と一躍脚光を浴びた人です。毎回作品性はスケールアップしつつも、『君の名は。』の古典の女性教師は『言の葉の庭』に出てくる人物だったり、多くの作品にリンクするところがあり、所々にしかけが眠っています」(サンキュータツオさん)

『日経エンタテインメント!』編集委員の品田英雄さんは言う。

「この人が好きっていう、ただの恋愛ものじゃなく、この人のために何かしたいと思う気持ちを扱った作品。おじさんだろうとおばさんだろうと青春は通ってきていますから、彼らのそういう必死さを見るとぐっときます。泣くために行くんじゃなくて、結果として涙が出てしまうのが『世界の中心で愛を叫ぶ』と違うところでしょう」

 現在、世界の国と地域での配給が決まっているほか、スペインのサンセバスチャン映画祭での公式上映を終え、韓国の釜山映画祭への出品が続く。『君の名は。』フィーバーはまだまだ終わらない。

※女性セブン2016年10月13日号

関連記事(外部サイト)