麻木久仁子 4Kテレビ時代は髪質までバレる恐ろしい時代

麻木久仁子 4Kテレビ時代は髪質までバレる恐ろしい時代

4k時代を語る麻木久仁子(公式ブログより)

 本誌・女性セブンが20~70代までの女性600人に聞いたアンケートでは、35才を境に白髪が目立ち始め、実際に白髪染めを始めたのは、「50~54才」という人が多いことがわかる。

 また、現在白髪染めをしている割合は、72.3%。さらに、「白髪染めをしている」と回答した人たちの中で、白髪染めを始めた年齢が一番多かったのが、50~54才で21.8%。続いて、40~49才と55~59才が18.0%と多かった。

 ただし、白髪染めを始めるまでは人知れず葛藤がある。茨城で自営業を営む浅井優子さん(60才、仮名)もそうだった。

「最後の出産が41才。そのせいか白髪が出てきたのが50才を過ぎてからでした。染めずにいたら52才になった頃にはごま塩状態になってきたんです。友人に“染めないの?”と聞かれれば、“私は自然のままでいいのよ。年をとるのは怖くないから”と答えていたんですが…」

 そんな彼女が白髪染めを始めたきっかけは、高校時代の同窓会だった。

「学校一のマドンナだった友人が白髪のロングヘアで現れたんです。美人だから、ある意味すごい迫力があったんですよね。言葉を選ばずに言うと、“鬼ババ”。笑顔は相変わらずかわいいんですけど、顔が整っているだけに、ふと黙った時の顔がすっごく怖くて。こういうのって理屈じゃないじゃない? 私、その翌日には美容院に行きましたよ。顔の造作がいいとか悪いとかじゃなく、印象の問題だってハッとしたんです。それで1回染めたら、これまで何を意地張っていたのかってバカバカしくなっちゃった」

 浅井さんのように一度白髪染めを受け入れると、女は解放される。広島県在住の主婦・吉田弓子さん(58才、仮名)が言う。

「不思議なことに、根元に白髪が目立つようになると、“私も年だからさぁ”とか“この年になると”とか、年齢を意識した言葉が増えてくるの。でも白髪染めをすると、年が気にならなくなる。そう思うと、白髪染めって、医療行為に近いかもね。白髪染め禁止令なんか出たら、絶対に病人が増えると思いますもの」

 先日、テレビですっぴんを披露し、「きれいすぎ!」と話題になった麻木久仁子さんは「今53才なんですが、43才に見えたいとは思わないけれど、63才に見えたいとも思わない」と白髪染めを続けている。

「ちょっと白髪をほったらかしにしておくと、娘から“ママ、美容院に行った方がいいよ。まずいよ、やばいよ。テレビに出てはいけない姿になってる”って言われます(苦笑)。だらしないって思うんでしょうね。

ハイビジョンになったときは毛穴が問題になりましたけど、4K時代の今、ヘアメイクさんの間で話題になっているのは、髪質がわかるっていうことなんですって。髪の毛がぱさついているとか、応急処置で白髪染めをしたとか、そういうのがわかる。本当に恐ろしい時代になりました」

 一方で、女優の草笛光子(82才)、デザイナーの島田順子さんなど、美しい白髪が憧れの対象になっている女性もいる。それは街中でも同じで、白髪を隠さず堂々とオシャレを楽しむシニアが増えてきている。

麻木さんは、そういった女性たちを「品があって、素敵だ」と絶賛するが、だからといって自分が白髪を選択するというのは別問題だという。

「ありのままでいながら美しく品よく映るのは、選ばれし“白髪エリート”のなせるワザだと思うんです。素人が真似しちゃいけない。変に手を出したらいけない領域です。自分自身の内なる生命力に自信がある人じゃないと。その人間力が私にはまだない! 私のような小娘では白髪に負けてしまう。無理でございます(笑い)」(麻木さん)

 美容医療業界ではアンチエイジングの技術が劇的に進んでいる。切ったり張ったり、埋め込んだり注射したり。人からそれがどう見えるかはともかく、願いさえすれば、若さを保つことはいともたやすい世の中になった。

 ヘア部門にいたってはもっとお手軽だ。美容院では白髪が目立たないような染め技術が進み、ナチュラルなグレーヘアを実現させた。ドラッグストアで薬剤を買えば、自宅でも20分もあれば変身できる。だからこそ、白髪染めのやめ時がわからない。

※女性セブン2016年10月13日号

関連記事(外部サイト)