映画『ジョーカー』の主人公はなぜ「ピエロ」のメイクなのか

映画『ジョーカー』の主人公はなぜ「ピエロ」のメイクなのか

心優しい青年が、悪のカリスマ「ジョーカー」に(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM &(C)DC Comics

 映画『ジョーカー』の快進撃が止まらない。2019年のベネチア国際映画祭で最高賞「金獅子賞」を獲得し話題となったが、公開後も世界中で大ヒットが続き、全世界の興行収入は900億円突破が見込まれている。作家の島崎晋氏が、本作のヒットの裏側を考察する。

 * * *
 日本でも大ヒット上映中のハリウッド映画『ジョーカー』。ジョーカーとはアメコミが原作のバットマン・シリーズに登場する悪役の名前で、これまで何度もテレビや映画で映像化されてきた有名キャラクターだ。このジョーカーを主人公にオリジナル脚本で作られた本作の公式サイトには、こう書かれている。

「『どんな時も笑顔で人びとを楽しませなさい』という母の言葉を胸にコメディアンを夢見る、孤独だが心優しいアーサー。都会の片隅でピエロメイクの大道芸人をしながら母を助け…(中略)…笑いのある人生は素晴らしいと信じ、ドン底から抜け出そうともがくアーサーはなぜ、狂気あふれる〈悪のカリスマ〉ジョーカーに変貌したのか?」

 ここではピエロ(英語ではクラウン)からジョーカーに変貌を遂げたとあるが、ジョーカーといえばトランプのジョーカー(日本でいう「ババ」)が思い浮かぶ。ジャックやクイーン、さらにはキングやエースよりも強いカードだが、そこにはトリックスターと嫌われ者の要素はあっても、ヴィラン(悪役)のイメージは薄い。

 映画『ジョーカー』の、顔面白塗りで口周りに大きな口紅のメイクはピエロそのものだが、なぜ〈悪のカリスマ〉にジョーカーと名乗らせたのか。そもそも、ジョーカーとピエロの違いは何なのか。

 一説によれば、ジョーカーのルーツは中世ヨーロッパの宮廷道化師にある。王侯貴族の館で養われるペットのごとき存在で、常に奇抜な衣装とメイクで身を包み、たとえその言動が主人を揶揄・風刺する内容であろうと決して罰せられることのない特権を有していた。どんなジョークも許されたからジョーカーと呼ばれたとする説もある。

 一方のピエロ(クラウン)は民間の芸人一座やサーカス団の道化師がルーツで、白塗りの顔に目の下の涙マークやだぶだぶの衣装などが特徴だ。おどけと突っ込みなどの役割を演じる。

 同じ道化師でありながら別々の道を歩んできたジョーカーとピエロだが、いつから「悪」や「恐怖の対象」となったのか。日本では昭和中頃から、言うことを聞かない幼児に対して母親が、「いい子にしていないとサーカスにさらわれるよ」と注意したものだが、そこには決して素顔を見せないピエロに対する潜在的な恐怖が関係していた。

 これまた一説によれば、そのきっかけはホラー小説の大家スティーブン・キングの『It/イット』にあるという。子供にしか見えない、ピエロ姿の不気味な悪役が登場する本作が出版されたのは1986年、最初に映画化されたのは1990年のこと。以来、道化恐怖症(ピエロ恐怖症)という言葉も定着するようになった。

『It/イット』の悪役ピエロ誕生の背景には、1994年に死刑を執行された連続殺人犯ジョン・ゲイシーの影響も指摘されている。ジョン・ゲイシーは1970年代、パーティーではピエロに扮して子供たちを楽しませ、慈善活動にも積極的な模範的市民でありながら、少年を含む若い男性ばかり33人を殺害したシリアルキラーであった。

 ジョン・ゲイシーが同時並行で異なる顔を有していたのとは対照的に、映画『ジョーカー』の主人公は心優しい青年から〈悪のカリスマ〉に変じた。善悪二つの顔を併せ持つ者と、善から悪へ変貌を遂げた者、さらにはそうなるよう追い込んだ社会のなかでどれが一番罪深いのか。

 本作は格差社会や善人が報われない世に対する問題提起に留まらず、誰の心にも何らかの闇が潜んでおり、きっかけさえあればいつ爆発してもおかしくない現実を強く訴えかけているように思われる。

【プロフィール】しまざき・すすむ/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。著書に『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)、『いっきに読める史記』(PHPエディターズ・グループ)など著書多数。最新刊に『ここが一番おもしろい! 三国志 謎の収集』(青春出版社)がある。

関連記事(外部サイト)