パパラッチ役の福山雅治の所作は指示する点ないほど完璧

パパラッチ役の福山雅治の所作は指示する点ないほど完璧

映画撮影中にはリリー・フランキーと演劇論も

「マジ最悪ですね、この仕事」。吐き捨てるように言う助手席の二階堂ふみ(22才)に向かって、よれよれの革ジャンにボサボサ頭、ひげ面の福山雅治(47才)が週刊誌を投げて言い放つ。

「俺たちのやっている仕事は、ゴキブリかドブネズミ以下なんだよ! でもな、じゃあなんでこういうのを世間のやつらは読みたがるんだ?」

 これは、10月1日公開の映画『SCOOP!』の一コマ。福山が中年パパラッチ役、二階堂が彼と組む新人記者役を演じることで公開前から話題を呼んだ同作は、ふたを開ければ連日満席の大ヒット。

 車中でいがみ合うコンビがいつしかスクープを連発し、最後は日本を震撼させる重大事件に巻き込まれる…というストーリーで、週刊誌副編集長役の吉田羊と福山のラブシーンも必見だ。

 驚かされるのは、あの福山がパパラッチを熱演していること。あるカメラマンが話す。

「福山さんはカメラマン泣かせ。過去超一流のパパラッチたちがその姿を追っかけましたが、いわゆる熱愛写真を撮られたことがない。“日本一撮られない俳優”として知られています。まさかこんな役に挑戦するなんて…」

 実際、ターゲットになった時の福山の“逃げ方”は天才のひと言。

「外出時、家の前に車がないか入念に確認し、1台でも自分の車の後ろについてくる者がいれば、すぐに路肩に止めてしまう。本人も“尾行は絶対に気づきます”と話していますが、事実、誰も彼を追えないんです」(別のカメラマン)

 今作では立場が逆転、自身がパパラッチ役を演じた福山だが、撮影現場では監督も驚く事態が待っていた。

「福山さんはもともとカメラが趣味で、自分の写真展を開くほどの腕前です。今回の役作りのために本物のカメラマンのもとで修業したそうですが、立ち位置からカメラの構え方、シャッターを押すタイミングまで、指示する必要がないほど最初から完璧だったといいます」(映画関係者)

 実際、劇中の週刊誌『SCOOP!』に掲載された写真はほぼ全て福山が撮影したもの。物語中盤、福山の撮った超ド級のスクープ写真を見ながら、二階堂が思わずこう漏らすシーンがある。

「マジ最高ですね、この仕事」

 本誌・女性セブンも負けてられません!

※女性セブン2016年10月20日号

関連記事(外部サイト)