田村淳、庄司、安めぐみ、古田敦也…有名人の珍しい引き出物

田村淳、庄司、安めぐみ、古田敦也…有名人の珍しい引き出物

紀香と愛之助の引き出物には特注の水素生成器も

 東京・日比谷の帝国ホテルで行われた藤原紀香(45才)と片岡愛之助(44才)の結婚披露宴。フランク・ミュラーの皿や和光のバウムクーヘンなど、引き出物は5品あったという。その中でも話題となっているのが、水素生成器のマルーン(8万1000円)だ。お風呂の浴槽に入れて水素を発生させるというもので、愛之助のアトピーも改善したといわれていることから、ふたりで協議の上、引き出物に加えたという。発売元のフラックス代表取締役の松木清悟さんはこう話す。

「藤原様に1年ほど前から使用していただいている商品で、今年の3月末頃に引き出物として、700個の注文がありました。おふたりの希望で、本体は愛之助さんの屋号・松嶋屋にちなんだ松色(緑)で、家紋の追い掛け五枚銀杏を入れ、文字は定式幕の3色にした特注品なんです」

 個性豊かな物が多いという有名人の引き出物。過去にはいったいどんなものがあったのだろうか?

◆神田うの(41才)&西村拓郎さん(46才)
 2007年に、6億円ともいわれる結婚披露宴を、実業家の西村さんと挙げた神田は、空気洗浄機のマジックボール、キタムラの写真立て、吉兆の赤飯、神田プロデュースのストッキングなど、引き出物だけで1億円以上かかったと公言している。

◆ロンドンブーツ1号2号・田村淳(42才)
 元ファッションモデルと2013年に結婚したロンドンブーツ1号2号の淳。引き出物は3Dプリンターで作った、アニメ映画『ルパン三世 カリオストロの城』風デザインの、リアルな新郎新婦“カップラーメン蓋押さえ”フィギュア。

◆庄司智春(40才)&藤本美貴(31才)
 2009年に結婚したふたりの引き出物は、挙式の写真付きキットカット、ピンク色のフリスク。そして薬を模したラムネ、「シアワセニナ~ル」の成分には「アナタヲハナシマフェン」と記載がある。いまだラブラブといわれるふたりには、効果が継続中?

◆東貴博(46才)&安めぐみ(34才)
 安が高校生時代に出会い、14年後の2011年に結婚。お坊ちゃまキャラの東に合わせた、100万円札をイメージした老舗「ふじ屋」の手ぬぐい、王冠とティアラをデザインした江戸切子のペアグラス、安が好きな焼き菓子のマドレーヌなどをセレクトした。

◆古田敦也(51才)&中井美穂(51才)
 プロ野球選手と女子アナの結婚の走りともいえるふたりは、1995年に結婚。男性にはティファニーの野球ボールをかたどったクリスタル製ペーパーウェイト。女性には銅製の小物入れが配られた。推定価格は5万円相当。

◆藤本敏史(45才)&木下優樹菜(28才)
『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)で出会った17才年の差カップルが2010年に結婚。ロクシタンのボディーソープやハート形のティーカップなど、ユッキーナのセンスが光る品。

◆中田敦彦(34才)&福田萌(31才)
 2012年、インドネシア・バリ島で挙式。参加した約30人にサプライズで、半年かけて制作していた夫婦の歩みを描いた絵本をプレゼントした。

◆ヒロミ(51才)&松本伊代(51才)
 1993年に結婚。2児をもうけ、今ではおしどり夫婦と呼ばれるふたりの引き出物は、なんとまな板。ヒロミの父が大工で、木梨憲武の提案で決まったという。しかしヒロミ曰く、「すげえ不評!」だった。

※女性セブン2016年10月20日号

関連記事(外部サイト)