ピース綾部も? これからの芸人はピンでトーク力を磨け

ピース綾部も? これからの芸人はピンでトーク力を磨け

ピース綾部は今後の芸人のお手本?

 コラムニストでデイトレーダーの木村和久氏が、近頃気になるニュースをピックアップし独自の視点で読み解きます。今回は、テレビ業界の現状に見る、芸人の在り方を考察。

 * * *
 最近、とんねるずの石橋貴明が、お笑いやバラエティが、なぜつまらなくなったかを語っているけど、あなたが言うか?みたいなところがありますよね。テレビ業界の自主規制や閉塞性がテレビをダメにしたと言っているけど、よく聞く正論だし…。

 テレビやお笑いに意見するのなら、自分の芸風についても見解がほしい。相変わらずのパワハラ&セクハラ芸ばっかりだし、そこはどう思っているのだろうか? ぜひ知りたいです。この前、特番でテレビカメラを壊したけど、それって『オールナイトフジ』でもやったことじゃん。30年間、芸風変わらずだ。

 石橋貴明の良さは、一切弁解や解説をしないことだった。彼の唯一の解説は、青木功のかぶりものをして、落とし穴への落下スタイルを語るだけ。あとは、ただひたすら弱いものをいじめ、若い女性にセクハラし続ける。それで傍若無人のジャイアンキャラが際立ち、ひとつの芸が確立されていた。賛否両論あるが、芸としては成り立っていたと思う。今後はわかりませんけどね。

 ところが、ここにきて突如、石橋貴明は芸能論を語りだした。

 実はこれ、エンターテインメント界の、大きな流れが一因していると思う。つまり従来の漫才やコント、あるいは集団での体育会ロケみたいな「お笑い芸人」のする仕事が減っているのだ。代わりに、バラエティやワイドショー、トーク番組全盛となり、司会を含めた「トーク芸人」が、いまや主流となっている。気づけば、古典的なお笑いをやっているのは石橋貴明など、数えるほどしかいない。ビートたけしをはじめ、松本人志、ロンブー淳など、みんなトークの場にシフトしているのが現状だ。

 そのトーク全盛時代に乗り遅れまいと、うすうす気づいた石橋貴明が語りだしたのでしょう。いまさらそこに行っても、居場所はないですよ。石橋貴明は「この人、何考えているのかわからない?」というキャラでいいと思う。江頭2:50がトークしても仕方ないでしょ? それと同じ。語らない美学もあるのではないでしょうか。

 いつの間にか関口宏もどきになった恵俊彰は、スマートに司会をこなすけど、豊洲市場の地下空間がテーマの時、「立方メートル」の記号が読めなかった。素直に「なんて読むの?」って聞いたのは謙虚でいいと思うけど、ちょっとね。ほかにクイズ番組でも、これは知ってるだろ級の問題が解けなかった。そこで「やっぱりこの人お笑いだったんだなと」改めて認識した次第。このように、芸人がトーク番組やMCをやると馬脚を現わすことが間々ある。

 お笑い番組が減っている今、芸人はトークに磨きをかけねば生き残れない。

 じゃ具体的に今後、どうすればいいか? 専門的なトークをやるなら、それなりの学校に入り直しいろいろ教わらないと。民進党の蓮舫代表もクラリオンガールからキャスターを経て政治家に転進する時は、北京大学に留学している。東国原さんも早稲田に入り直して政治家を志した。それぐらいやってから、キャスターや報道をやるべき。料理芸人を名乗るなら、最低でも調理師や栄養士の免許はほしいし、経済や投資をやるならファイナンシャルプランナーの資格はほしい。面白くしゃべれるだけで、専門分野にお笑い芸人を起用するのは、安易すぎる。

 だいたい、若手芸人の目標が『アメトーーク!』出演ですから。そこのひな段で、磨きに磨いたトークを、趣味とともに披露するのが夢だそうな。

 そうなってくると、トーク能力自体を鍛えること前提でデビューしたほうがいい。つまり、相方に頼るコンビで出て来ちゃダメ。最初からピンのトークのみ。そこで生き残れてこそ、最高のトーク芸人になれます。

 昔、明石家さんまが出て来た時は、ネタが少なくて心配したものだ。印象に残っているのは、阪神のピッチャー小林のマネだけだった。そこからお笑い怪獣にまで成長するのだから、「ピン芸人は育つ説」は、あながち嘘でない。どうせ売れたら、ピン活動でしょ? だったら最初から、ピンのほうがいい。

 アメリカでは、スタンダップコメディという、ピンのしゃべりだけで人を笑わす芸が確立されている。あのウッディ・アレンも、スタンダップコメディアンから作家・映画監督にのし上がった。エディ・マーフィもそうだ。だから日本で、スタンダップコメディのジャンルを切り開いて活躍する人がいたら、すごいと思う。もちろん牧伸二みたいにウクレレ使っちゃダメで、そろばんもダメ…ってそれは、トニー谷か。あと、陣内智則みたいに効果音や役者を使っちゃ、スタンダップコメディになりませんから。そういう意味では、単身ニューヨーク行きを決めたピース綾部は偉い。頑張れ綾部! 又吉超えを目指せ!

 最後に言わせてもらえば、お笑い芸人に席巻されてないトーク分野は、それはそれで人材がいたわけですよ。バイリンガルでオシャレなトークは、芸人に無理でしょ? だから安泰に見えたのが、FMやニュース番組などで活躍したショーン・K。惜しいなあ、あのキャラ。ショーン・Kさん、今度はアメリカ仕込みのスタンダップコメディをやって、ぜひトーク芸人の仕事を奪ってください。

関連記事(外部サイト)