波多野結衣 百戦錬磨の男優より「上手い」と褒められる技巧

 いま、AV業界で話題なのが、人気AV女優・波多野結衣の“女をイカせる”テクニックだ。女だからこそわかる、女にとって気持ちのいいセックス──。

 女同士のカラみで共演したAV女優たちから口々に「男優より上手い」と褒めたたえられる波多野が「本当に気持ちいい愛撫」を明かす。

 男だけでなく、数々のAV女優たちをも絶頂に導いてきた波多野は、まず、男たちにこう諭す。

「男の人のセックスには“勘違い”が多いんです。よくあるのが、とにかくガツガツすれば女は気持ちいいという思い込み。実は、女性は全体的に柔らかい、ソフトタッチの方が感じるものなんですよ」

 女をイカせるためには、まず「性感帯」に対する固定観念を取り払うべきだという。

「男性はすぐに乳首やクリトリスが性感帯だとイメージしますが、女性によっては乳首を触られるのが嫌な人もいます。

 女性の性感帯は様々で、首筋、鎖骨、腋の下はくすぐったいけど、逆に気持ちいいということもあるんです。足の指を舐められると感じるコもいるし、私の場合はおヘソの穴の奥に指を優しくつっこまれるのも気持ちいい。だから私が女性にする愛撫は、キスから始めて全身上から下まで優しく触ったり舐めたりすることで、その人だけの感じるポイントを探します。

 自分でも気づいていない性感帯を発見することもありますよ。でも、耳を舐める時に、耳元で激しい音をたてて吸うのはダメ。デリケートな部分だから、外側を重点的にして、中には息をふきかける程度がいいですよ」

 性感帯も、感度も人それぞれ。そうはいっても、波多野にはとっておきの技があるという。

「撮影で女のコにこれをすると、たいていが終わった後にこっそり私のところにきて『男優さんより気持ちよかった』って褒めてくれるんです」

 波多野が紹介するのは、どんな女性をも絶頂に導く舌技だ。

「自分が男性にされて気持ちよかったことを組み合わせて編み出したんです。男性はクリの皮をめくって直接、尖らせた舌で舐めたり、思い切り吸ったりしがちです。でも、それって言いにくいけれど痛い時もあるんです。

 だから私は、クリでも、皮の上のかぶっている部分を集中的に舐める。あえてめくらずに皮のまま舐めるんです。それで時々、ちょっとだけ優しく吸ってあげます」

 ポイントが「舌使い」だ。

「大事なのが、舌を“うねうね”させることです。クンニの時に舌を堅く尖らせずに、まずは舌を広げて柔らかくした状態にします。ピンポイントで舐めるのではなくて、口を『あ』を発音するときの形に開いて、舌全体を使ってうねうねさせる。8の字や上下の動き、色々と組み合わせてみるんです。

 それをしながら、私は1cmくらい間隔を空けた指2本をアソコにゆっくり入れてみて、指の腹でくいくいっと上の方を刺激しながら反応を見ます。そうすると女のコのアソコから溢れるくらい愛液が出てくるんですよ」

 そうなったとしてもグイグイ攻めるのはご法度。気遣いが大事だという。

「女性は本当は気持ちよくなくても言えなくて、気持ちいい演技をしてしまいがち。だから私は『ここは気持ちいい?』『痛くない?』と何回も聞いてあげます。それに体は正直なので、本当に感じている時は、クンニと同時にアソコの中に入れている指が締めつけられる感じがするから、それで判断できます」

※週刊ポスト2016年10月28日号

関連記事(外部サイト)