男をその気にさせる蒼井優のモテ伝説 共演NGの俳優も存在

蒼井優が石崎ひゅーいと歩く姿が撮られた 過去にはV6岡田准一や三浦春馬との報道も

記事まとめ

  • 蒼井優がシンガーソングライター石崎ひゅーいと仲良く歩く姿がスクープされた
  • 蒼井優は過去にV6岡田准一、『龍馬伝』で共演した大森南朋、堤真一や三浦春馬と報道も
  • 蒼井優について石崎ひゅーいは「“小さなおじさん”みたいな人」と評していた

男をその気にさせる蒼井優のモテ伝説 共演NGの俳優も存在

男をその気にさせる蒼井優のモテ伝説 共演NGの俳優も存在

魅力は“ギャップ”との声も

 蒼井優(31才)の新スクープ。深夜、くわえタバコで、2才年上のシンガーソングライター石崎ひゅーいと仲良く歩く姿が撮られた。蒼井優といえば、その男性遍歴の華やかさで知られる。

 2008年にはV6岡田准一(35才)と相合い傘が報じられた。当時、蒼井は23才。岡田とは同じ高校の先輩後輩だったが、きっかけはドラマ『タイガー&トラゴン』(TBS系)での共演だった。

 2年後、NHK大河ドラマ『龍馬伝』で共演した大森南朋(44才)との交際が発覚。2012年7月に自身のホームページで熱愛宣言をしたのは舞台『その妹』(2011年12月)で共演した鈴木浩介(41才)だった。

「当時、鈴木さんは女優の藤谷美紀さん(43才)と親公認の婚約関係にありました。それを蒼井さんが“略奪”した形と報じられました」(芸能関係者)

 鈴木との交際中、今度は堤真一(52才)と“誕生日デート”。その後、鈴木との破局を宣言。理由は「好きな人ができたから」だったという。

 年上俳優キラー一転、次のお相手は年下の三浦春馬(26才)。本誌・女性セブンは、三浦と同じマンションに引っ越しし、愛犬の早朝散歩に同伴して、そのまま近くのカフェでモーニングを食べるふたりの姿も報じている。

 蒼井と三浦も、舞台『ZIPANG PUNK ~五右衛門ロックIII』(2012年12月)や映画『キャプテンハーロック』(2013年9月公開)で共演した仲だった。

「相手役になった男性の心をギュッと掴んで離さないその握力はとんでもなく強い。関係者からは恋愛NGの俳優さんは“蒼井さんと共演させてはいけない”とまで言わしめるほどです」(前出・芸能関係者)

 ヴィジュアルだけでいえば、同世代にも彼女より“美人”な女優は何人もいる。モデルのように抜群にスタイルがいいわけではないし、目を引くようなグラマーな体形というわけでもない。

 露出の多い服を着るわけでもなく、体のラインを隠すようなふんわりとした服装が多い。化粧っ気はなく、ナチュラルでゆるい雰囲気は、「森ガール」と呼ばれる女の子たちの代表ともいわれてきた。

 ところが、ひと度男性が彼女の「半径50cm」内に接近したら、虜になってしまうことは避けられない。石崎は映画のトークイベントで、蒼井についてこんな風に語っていた。

「役に対してストイックでちょっと怖いイメージで、怒られるのを覚悟していた」「読み合わせの時はガチガチに緊張したんですけど、優ちゃんが最初から子供あやすみたいに『ジュース飲もう』みたいな感じで入り込みやすいようにしてくれた。蓋を開けてみたら全然イメージと違って。“小さなおじさん”みたいな人だなと思って」

 蒼井の出世作ともいえる映画『フラガール』の李相日監督はあるインタビューで、蒼井の持つギャップを《対極》と表現した。

「“近所の子”的な親近感と“高嶺の花”的な特別感。対極にある感性がひとつの顔に収まっているアンバランスさが最大の魅力」

 蒼井のなかには「女らしさ」と「男らしさ」が共存するという。知人女性が語る。

「料理が上手で、得意は和食全般。ひじきの煮物やもつ煮込みをよく作るみたい。今どき普通の子だってできないけど、彼女は魚もさばけます。レストランに行っておいしい料理に出合うと、わざわざ店員さんに声をかけて“どんな素材を使ってるんですか? 味付けは?”なんてよく聞いてますね。

 仲よくなったら弁当を作って持たせてくれる。ほとんどの男性は秒殺。自分の好きな人はあんまり会わせたくないなぁ…」(知人女性)

「以前、一緒に飲んだとき、当時ショートヘアだった蒼井さんはだぼだぼの男の子みたいなアウターを着ていて。酔っ払ってきたら、“暑くなった~”と言いながら、上着を脱いだんです。すると、下はTシャツ1枚。真っ白なうなじに、首回りも手首も本当に華奢で、細くって…。つい“守ってあげたい”と思いました」(知人男性)

 知人たちの蒼井評は続く。「とにかくお酒をたくさん飲む」「たばこをプカプカふかす」「スポーツカーを運転する」少年のような一面も持ち合わせる一方で…。

「小さなかわいらしい声で、ボソボソとしたしゃべり方をするんですけど、かなり辛辣なこともズケズケ言います。それでも最後は、“優はさァ、あなたのことを思って言ってるのよォ”なんて満面の笑みで言うから、男からすると“自分だけに話をしてくれている”と思っちゃうんです。あの化粧っ気のないところも、“素の自分を見せてくれている”感じがして、“本気のパートナー”という気にさせられる」(別の知人男性)

※女性セブン10月27日号

関連記事(外部サイト)