滝川クリステル、巨額の資産を築いた人脈と進次郎氏の苦悩

小泉進次郎氏、滝川クリステル『金脈』巡り受難も 保有資産は麻生太郎に次ぐ2位

記事まとめ

  • 小泉進次郎氏夫妻の保有資産が公開され、進次郎氏は麻生太郎に次ぐ2位だった
  • 滝クリが2.9億円もの資産を有していたためだが、進次郎氏の資産ゼロには指摘する声も
  • 進次郎氏は巨額資産が有権者にマイナスイメージになるとの考えがあり、受難の時と記者

滝川クリステル、巨額の資産を築いた人脈と進次郎氏の苦悩

滝川クリステル、巨額の資産を築いた人脈と進次郎氏の苦悩

莫大な資産が明らかになった滝川クリステル

 11月4日、都内で開かれたチャリティーイベントに、小泉進次郎環境相(38才)がゲストスピーカーとして登壇。イベント終了後、押し寄せた参加者に笑顔で挨拶すると、進次郎氏は足早に移動車へと乗り込んだ。

 向かった先は、現在暮らす議員宿舎でもなければ横須賀(神奈川県)の自宅でもない。身重の新妻が独身時代から住み続ける、都内の超高級マンションだった。

 新閣僚が連続辞任した。10月25日には公設秘書が支援者に香典を渡した問題で菅原一秀経産相(57才)が辞任。31日には、妻で参院議員の案里氏(46才)の選挙戦における公職選挙法違反疑惑で河井克行法務相(56才)が内閣を去った。

 その辞任閣僚に負けないぐらいスポットライトが当たったのが、進次郎氏の妻である滝川クリステル(42才)の資産だ。

 菅原氏の辞任と同じ日、9月に発足した第4次安倍再改造内閣で新たに入閣した15人の保有資産が公開された。

 最も注目されたのは、戦後最年少の38才で入閣した進次郎夫妻の保有資産だ。資料によれば、進次郎氏本人の資産は不動産、預貯金含めてゼロだったが、滝川は2億9001万円もの資産を有していたのだ。

「家族分を含めた総資産は、新閣僚の中で進次郎氏がダントツ。全閣僚の中でも資産家の麻生太郎副総理に次ぐ2位でした。進次郎氏の資産ゼロも驚きですが、滝川さんがそこまでのお金持ちと予想した記者は少なかった」(政治部記者)

 資産公開時、進次郎氏は「私と結婚することで公開しないといけない。ルールではあるが率直に(妻に)申し訳ない気持ちだ」と頭を垂れた。

 だが、「政治とカネ」に詳しい神戸学院大学教授の上脇博之さんは「資産公開制度は“ザル”です」と指摘する。

「例えば預貯金のうち公開されるのは定期預金だけで、普通預金や当座預金は対象外です。また、大臣は配偶者や扶養親族の資産は公開しますが、それ以外の同居親族までは対象になっていないので、土地や建物もそういう親族名義なら公開はされない。常識的に考えて進次郎氏が“資産ゼロ”のはずはなく、公開対象ではない資産を有していると考えられます。

 約3億円の有価証券を保有している滝川さんも同様に、普通預金や他人名義の不動産などは公開の対象ではないため、本当にどれだけ資産があるかは不明です」

 実際、滝川は不動産を“所有”している。

「都内屈指の高級住宅地に、マンションと土地付きで一戸建てを持っています。そのうち一戸建ては両親が住んでいるようです。2軒合わせて最低3億円以上の価値があるといわれている。所有は滝川さんの父親が代表を務める法人で、滝川さんも取締役に名を連ねていますが、公開対象ではありません」(前出・政治部記者)

 またCMやテレビ出演料などの収入も普通預金で管理していれば公開されない。

 公にされていない“収入源”は、ほかにもある。滝クリが代表理事を務める動物保護支援のための団体「一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル」は、寄付金などの金額や使途を一切明らかにしていない。

「法律的に一般財団法人には収支を公開する義務はありませんが、活動内容が健全であることを示すため、ホームページ等でできる限り財政状況を公開するのが現在の流れです」(公益法人に詳しいジャーナリスト)

 同財団法人は非公開だが「法令に沿った形で適切に対応しています」と説明する。

 3億円でも驚かれたが、普通預金や不動産などを含めると、資産は5億円や6億円にのぼる可能性がある。たしかに大手企業のテレビCMに数多く出演するなど、2013年の「お・も・て・な・し」ブレークの後の収入は高額だったかもしれない。それでも、局アナ時代は年収400万円ほどといわれた滝川が、ほんの数年でここまで莫大な資産を作れるのか。裏側には何かカラクリがあるのではないか──。

 滝川は、局アナ時代に人脈を築いたという。

「2002年にはフジテレビの『ニュースJAPAN』のメインキャスターに抜擢されました。一日の終わりの時間帯に体を斜め45度にひねってつぶらな瞳でニュースを読む姿が“おじさま視聴者”の疲れた心を癒して、一躍人気キャスターになりました。

 彼女は仕事熱心で上昇志向があり、テレビ局の幹部に連れられ、政済界の大物やスポンサーらとの会合に顔を出していたそうです。そうした中で、一介の女子アナが知り合うことのできない人たちとの人脈を培っていったのでしょう」(滝クリを知る関係者)

 恋愛にも積極的で、室伏広治(45才)、中田英寿(42才)、小澤征悦(45才)らと浮き名を流した。恋愛遍歴からも彼女の交友関係の華やかさや幅広さがうかがえる。

 そうした人脈が、東京五輪の招致アンバサダーや、大手企業のテレビCMなどの仕事を得るのにも役立ったことは間違いないだろう。

 豊富な人脈は、時として、政治の世界では“仇”になることもある。新妻の「稼ぐ力」に進次郎氏自身も動揺しているという。

「結婚発表後、滝川さんは一部メディアが報じた夫の恋愛遍歴に驚いた様子でしたが、今は立場が逆。白日の下にさらされた妻の“金脈”に、進次郎氏は驚きと同時に頭を抱えています。

 政治家にとって資金力は武器になる一方で、自分が資産をゼロで公開していることからもわかるように、進次郎氏は巨額資産が有権者にとってマイナスイメージにつながるとの考えが強い政治家。何より結婚からわずか3か月で、自身の私生活や妻の経済事情が明かされ、これまでのクリーンなイメージにヒビが入った。まさに受難の時です」(前出・政治部記者)

 結婚発表時、進次郎氏は自身のブログに滝クリの存在を、《力を抜いて、無防備な自分でいることができ、救われる》と綴っている。いつまで気を抜いていられるだろうか。

※女性セブン2019年11月21日号

関連記事(外部サイト)