療養中の財津一郎が語った「タケモトピアノ」CM誕生秘話

財津一郎、タケモトピアノCM誕生の秘話 今は芸能活動はせずに自宅療養中

記事まとめ

  • 中古ピアノの買い取り大手タケモトピアノは、財津一郎が出演するCMを流している
  • 財津はCM撮影の時は脳内出血で倒れた後で、ダンサーと一緒には踊れなかったという
  • そのため、振付師が「ピアノ売ってちょうだい」の動きを付けてくれたと秘話を語った

療養中の財津一郎が語った「タケモトピアノ」CM誕生秘話

療養中の財津一郎が語った「タケモトピアノ」CM誕生秘話

タケモトピアノのCMでお馴染みの財津一郎氏

 中古ピアノの買い取り大手であるタケモトピアノ(大阪府堺市)のCMで「ピアノ売って、ちょうだ〜い」というフレーズに始まる軽妙なステップと歌声を披露したのは、財津一郎氏(85歳)である。自宅療養中の財津氏が今回、『週刊ポスト』の取材にCM撮影の秘話や、現在の生活について語った。

 * * *
──タケモトピアノのCMに出ることになった経緯を教えてください。

財津:もう20年以上も前のことだからね──。タケモトピアノは、東南アジアの貧しい幼稚園や小学校にピアノを送るボランティア事業をやっていたんです。かつて、高度経済成長下の日本では、ピアノを手に入れたがる人が多かった。夫婦が一生懸命努力して稼いで、子供のためにピアノを買っていたんです。その子供が独立した後は、ピアノが花瓶置きや本棚みたいになっちゃっていたので、それを回収してリメイクし、東南アジアの教育施設に送っていたんです。

 僕も音楽が好きだし、ピアノも好きだから、ピアノをリメイクするっていうのはいいテーマの仕事だなと。しかもボランティアで東南アジアに送り出すという。それで話に乗ったんです。

 CM撮影の時(1997年)は、僕はちょうど脳内出血で倒れた後で。だから、手術で剃った髪の毛が伸びてなくて、五分刈り頭だった。退院して最初の仕事が、タケモトピアノのCMだったんです。

──「ピアノ売って、ちょうだ〜い」のフレーズやあのCM構成は、どのように生まれたのですか。

財津:社長さん、あ、今は会長さんですね(竹本功一氏)、彼が僕をすごく好いてくれていたこともあって出ることにしたんですが、撮影に入ってみたら、共演するのは当時の関西の名ダンサーたちでした。一流のね。僕はまだ、脳内出血で開頭手術した後で、やっと退院して現場に行ったら、すごい動きでしょ。ダンサーと一緒に踊ってほしいという話だったのですが、僕は「ちょっとあの動きはできない」って言ったんです。そうしたら振り付け師の方が「それじゃあ財津さんだけ当て振りでいきましょう」って提案してくれて、「ピアノ売ってちょうだい」「電話してちょうだい」って、あの動きを付けてくれた。

 で、やってみたらとても評判が良かった。会社も成長して、CMもよく続いてね。「もう今年で終わりじゃないか」って思われてから何年も経っているんだけど(笑い)。いま僕は仕事していないので、僕の最低限の生活を守ってくれているのは、あのCMなんです。

──CMの反響で生活が変わりましたか。

財津:ひとつひとつの仕事を誠実にやっている会社のコマーシャルに出演したという意味では、わりと僕は恵まれていたと思います。今は、わけの分からないコマーシャルばっかりだからね。また、僕にとって最後の主演映画になっている『ふたたび』のロケ地は、タケモトピアノ社でした。

──今は芸能活動をしていないと聞きました。

財津:もう85歳になってね、脊柱管狭窄症になって、どうにもならないです。この(取材が行なわれた自宅の)階段が危ないんですよ。今日はたまたまちょっと調子が良いけど、ベストじゃないです。

 89歳のママ(妻)も最近倒れたんです。目の前で、ガシャーンと真正面に倒れたんです。頭は打ってないけど、(肩と肘を押さえて)ここにヒビが入っちゃって、身動きがとれない。寝室の階段も上がれないんです。いま、どっちが先に逝くかなっていうゾーンに入ったと思っています。いまはピアノのおかげで生き延びている。タケモトさんには感謝しています。

──今はどんな暮らしを?

財津:ママの代わりに、僕が全部やっているわけよ。炊事、洗濯、掃除、ゴミ出し。それでヘトヘトなの。そうしたら、ママがまた倒れた。転んで、いま動けないから、食事も全部、僕が作っている。これは疲れるね。厨房で40分立って作るでしょ、それでヘトヘトになっちゃう。女性ってのは、いかに厳しい仕事をしているかって分かったよ。

 僕も人生最後の、ラストカーブを回ったからね。ゴールははるか向こうに見えるから、ランナーならゴールまで突進するけど、僕は絶対急がない。一日一歩、一日一歩と思い、最後の人生を味わっている感じです。

 タケモトピアノのCMも若い子たちを使ったものに作り変えるとか、いろいろ案は出たらしいのですが、会長さんの意向で続いていると聞いています。タケモトさんには感謝しています。

 ピアノが生き返るっていうのは、素晴らしいこと。ピアノは、人間を支える。音楽、ピアノの音が、人間をどれだけ助けているか。そういう仕事に携われたっていうのは、本当に感謝しています。

関連記事(外部サイト)